モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第35番、第41番 サヴァリッシュ&バイエルン放送響(1998ライヴ)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PH07021
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

巨匠サヴァリッシュ&バイエルン放送響
これぞ正統的大演奏、1998年のモーツァルト『ジュピター』『ハフナー』


かつて、サヴァリッシュのモーツァルトと言えばスタンダード中のスタンダードとして、理想のモーツァルトと讃えられておりました。現在ノリントンなどの古楽過激派の大攻勢の中でも、いまだ輝き続けております。小細工、ハッタリ一切ろうしない、真の正統的演奏と申せましょう。しかも晩年の味わいが、たくまずしてにじみ出ており心を打ちます。サヴァリッシュ指揮活動最後期の至芸でございます。優秀録音。(キングインターナショナル)

【収録情報】
モーツァルト:
・交響曲第35番ニ長調 K.385『ハフナー』
 録音時期:1998年6月7日
 録音場所:ヴュルツブルク
 録音方式:デジタル(ライヴ)

・交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
 録音時期:1998年12月1日
 録音場所:ミュンヘン、プリンツレゲンテン劇場
 録音方式:デジタル(ライヴ)

 バイエルン放送交響楽団
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)

収録曲   

  • 01. I. Allegro con spirito
  • 02. II. Andante
  • 03. III. Menuetto
  • 04. IV. Presto
  • 05. I. Allegro vivace
  • 06. II. Andante cantabile
  • 07. III. Menuetto: Allegretto
  • 08. IV. Molto Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
演奏、録音、ともに上出来の端麗辛口。某国...

投稿日:2019/02/26 (火)

演奏、録音、ともに上出来の端麗辛口。某国営放送交響楽団ではこういう演奏はついに聞けなかった。CD本体には録音時期、録音会場のデータは一切記載されていない。HMVの商品解説を信用するしかないが、今時のCDでこのルーズさは無いと思う。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
古楽器演奏のモーツァルトが流行し出して全...

投稿日:2010/03/01 (月)

古楽器演奏のモーツァルトが流行し出して全く聞かなくなってしまったモーツァルト。一時期は、古楽器演奏が正統なモーツァルトとも言われていた時期もありましたが、このモーツァルトを聞くと演奏様式なんて全く関係ない事を教えてくれます。ハフナーの出だしもマエストロサヴァリッシュさんの円熟もあってか全く素晴らしいの一言です。

おっさん さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
これぞ、巨匠貫禄のモーツァルト! ジュピ...

投稿日:2010/01/21 (木)

これぞ、巨匠貫禄のモーツァルト! ジュピターの終楽章は圧倒的スケールで迫ります! ハフナーはゆったりと、たっぷりと弦を歌わせて、古き良きモーツァルト演奏を堪能出来ます!

boss さん | 長野県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品