CD 輸入盤

Comp.piano Sonatas: Lili Kraus

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SM4K47222
組み枚数
:
4
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Sonata for Piano no 1 in C major, K 279 (189d)
    演奏者 :
    Kraus, Lili (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1775, Munich, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Sonata for Piano no 2 in F major, K 280 (189e)
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1775, Munich, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 音が、大変鮮明で潤いがあり、力感もある...

投稿日:2017/04/22 (土)

 音が、大変鮮明で潤いがあり、力感もある。今まで出ていた盤を凌ぐ、素晴らしさです。このステレオ盤は、評価を見直されても良い代物です。

kuniko89 さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
良好なスタジオ録音であり、リマスターが功...

投稿日:2016/02/08 (月)

良好なスタジオ録音であり、リマスターが功を奏していると思われます。 演奏に関しましては、純度が高く、率直であると思います。テンポ設定は一部緩徐楽章を除いて早めで、旧録音と同様のスタイルと思われます。(録音データを比較しました)但し、やや弾き急ぎと感じられる部分が多く、ペダリングについて細やかな配慮に欠けるとも感じられます。曲全体の仕上がりを意識しているのかもしれませんが、同時に聴いているヘブラーの新録音とは、1音1音の深みの違いを感じます。ともに60歳代の録音で、ヘブラーの方は包容力と丁寧さが際立っており、クラウスは従来のスタイルを貫いているのだろうが、やや安易に弾き飛ばしていないかなと感じられる部分もあるのです。 旧録音をじっくり聴いてみようと思いますが、世評が一様に高い評価なことに疑問に感じます。★は最低でもマイナス1と思われます。(HMVはこのようなマイナスの評価を投稿するとカットされることがありますが、是非多様な感想を掲載して下さい。)

音楽人 さん | 長野県 | 不明

6
★
★
★
★
★
このリマスターは素晴らしい。モーツァルト...

投稿日:2015/05/31 (日)

このリマスターは素晴らしい。モーツァルトの作品集ボックスに入っていたCDと聞き比べてみたが、違いが歴然。クラウスの繊細な演奏がより映える音になっています。

出町の玉ちゃん さん | 京都府 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品