ヤナーチェク(1854-1928)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ラシュ舞曲集/タラス・ブーリバ レナールト/CSR

ヤナーチェク(1854-1928)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8550411
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Frederic Chopin (1810 - 1849)
    Concerto for Piano no 1 in E minor, B 53/Op. 11
    演奏者 :
    Szekely, Istvan (Piano)
    指揮者 :
    Nemeth, Gyula
    楽団  :
    Budapest Symphony Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1830, Poland
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Frederic Chopin (1810 - 1849)
    Concerto for Piano no 2 in F minor, B 43/Op. 21
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1829-1830, Poland
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
実に良い演奏です。ナクソス初期録音なので...

投稿日:2021/06/16 (水)

実に良い演奏です。ナクソス初期録音なのであまり期待していなかったのですが、意外にも(失礼?)良質。いかにも楽しげなラシュスコ舞曲集、熱気に満ちたタラス・ブーリバ、曲へのひたむきさが感じられるシンフォニエッタ、いずれもどこか温かみを感じるものです。確かに素朴な箇所もありますが、そもそもヤナーチェクの音楽で豪快な演奏というのも少々違和感がありますので、これぐらいが実はちょうど良いのかも。曲目も、シンフォニエッタとタラス・ブーリバという代表作に加え、中期の秀作であるラシュスコ舞曲集も加えることで、作曲家の全体像がつかめる好企画です。チェコ音楽愛好家であれば、持っておきたい1枚といえるでしょう。

ブルノのおっさん さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
ヤナーチェクの管弦楽曲でよく知られた作品...

投稿日:2014/01/20 (月)

ヤナーチェクの管弦楽曲でよく知られた作品を収録したCD。 いずれも民族色豊かな親しみやすい曲。 演奏は、オンドレ・レナルトの指揮で、チェコスロヴァキア放送交響楽団の演奏。 このオーケストラ、ナクソスに大量に録音を残していて、中にはかなり酷い演奏もあるが、このCDの演奏はなかなかよく、シンフォニエッタの冒頭では、金管がよく鳴っているし、ラシュ舞曲もすっきり爽やかな演奏で、初めて聴く人にも安心しておすすめ出来る優良盤。 録音は安かろう悪かろうと言った所はあるが、大きな不満なく聴けると思う。

レインボー さん | 不明 | 不明

0

ヤナーチェク(1854-1928)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品