漫画 サピエンス全史 文明の正体編

ユヴァル・ノア・ハラリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309293028
ISBN 10 : 4309293026
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
追加情報
:
256p;28

内容詳細

何種ものヒトのなかで唯一生き延びたホモ・サピエンス。世界各地に進出し、狩猟採集民から農耕民へとなった彼らを待ち受けていたものとは?―そして、古代メソポタミアからアメリカ合衆国まで、サピエンスが大規模な社会・国家・文明を築きあげることを可能にしたものとは?この世界がどのように形づくられていったかという謎に、さまざまな角度から光を当てて、明らかにする。世界的ベストセラー『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリが、第一線で活躍する作家とコラボレーションをした公式漫画化プロジェクト、待望の続編。多彩なキャラクターによる壮大な歴史の旅はさらなる展開へ!

【著者紹介】
ユヴァル・ノア・ハラリ : イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。また、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『フィナンシャル・タイムズ』紙、『ガーディアン』紙などの大手メディアに寄稿している

ダヴィッド・ヴァンデルムーレン : ベルギーのバンド・デシネ作家。1968年生まれ。代表作は伝記・歴史作品の連作Fritz Haber

ダニエル・カザナヴ : フランスのバンド・デシネ作家。1963年生まれ。La Revue Dessin´ee誌で定期的に作品を発表している

梶山あゆみ : 翻訳家。東京都立大学人文学部英文科卒業。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ☆よいこ さん

    グラフィックノベル。サピエンス全史A小麦によるサピエンス支配時代への幕開け、もう後戻りはできない。農業革命は人類奴隷化。DNAの複製の数で幸福は測れない。縦に支配(ヒエラルキー)するか、横に支配(平等)するか、普遍の原理は想像の中にしか存在しない。共同主観的な秩序を変えるためには大きな組織の力が必要。物語は頭の中、数字は書物に。ヒエラルキー・不平等について、生物学的に説明。器官が果たす役割は絶えず変化している。ジェンダー考察「戦争仮説」「生殖戦略」なぜかはまだ分からない。アイデンティティは虚構▽辛辣

  • skr-shower さん

    積読本消化中。コミック化第2弾。共通の幻想による統一。民主・資本主義の昨年からの負けっぷりを見ていると、強い神話を作った者の勝ちなのだとわかる。文明批判たっぷりのこの本、欧米の人は読んでどう思ったんだろうか。

  • てん さん

    農耕によって資産が貯えられる様になるが、自由と引き換えに資産の管理に縛られた生き方を強いられる。人間は小麦の奴隷と成っているのか、DNAの複製トップの鶏は最も成功した家禽なのか。虚構の物語の共有で価値観を統一したサピエンスは、大事業を成し遂げることができた。しかしその虚構によりヒエラルキーが発生し、差別や格差と成って今でも人々を苦しめている。そんなたわごとを信じなくなった人も多いが、新しいたわごとを考える人も同じくらい多い。万物は変化し、あらゆるアイデンティティは虚構だ。価値観の再定義、大転換が必要だ。

  • ys さん

    内容も漫画としてもめちゃくちゃ面白かったです。 「漫画としても」と書いたのは、画の節々に歴史的作品へのオマージュがあったりウィットに富んでたりしたから。日本の漫画に慣れてるとちょっと違和感があるかもしれないけど、アーティストさんも題材への造詣が深く、かつ教養がある方なんだろうなと感じました。 改めて、歴史を知る大切さと、その術を環境破壊によって断ち切っていくことの損失の大きさ(人間自身にとっても)を痛感。 3時間くらいで一気読みでした。活字のみだったらここまで理解できなかっただろうな。 第二弾も買うか…!

  • Uyosuke さん

    元々の本がとても好きで何回も読んでいたが、こちらも遂に買って読んでしまった。特に新しい気付きは無かったが改めて虚構の力をしみじみと感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ユヴァル・ノア・ハラリ

イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く... |2015年10月19日 (月) 12:51
    なぜ日本人は幸福を感じられないのか?
  • ローマ社会における奴隷の実情を明かす 現在のイタリア人の40%は奴隷の子孫だと言われるが、当時の奴隷たちは愛人から医者まで様々な役割を果たしていた。奴隷な... |2015年06月10日 (水) 10:38
    ローマ社会における奴隷の実情を明かす
  • 貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』 宮内庁が24年余りをかけて編さんし、天皇の御事蹟、日本社会を記述した『昭和天皇実録』。全19冊のうち、0〜12歳を収... |2015年06月03日 (水) 10:10
    貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』
  • 人気のテレビ哲学番組を書籍化! テレビ放送のたびに話題を呼んだNHK Eテレの哲学トーク番組「哲子の部屋」が本になった『哲子の部屋』。人気哲学者が「... |2015年05月18日 (月) 17:16
    人気のテレビ哲学番組を書籍化!
  • 帝国憲法の成り立ちと意義を問う 歴史をひもとけば、大日本帝国憲法は、幕末明治の志士らが命を懸け勝ち取ったものであったことが見えてくる。帝国憲法の栄光... |2015年05月08日 (金) 17:52
    帝国憲法の成り立ちと意義を問う
  • お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本! 一度読むだけで、日本史の流れがすーっと頭に入って、忘れることがない奇跡の日本史物語『京大芸人式日本史』。芸人ロザン・... |2015年04月16日 (木) 14:19
    お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本!

おすすめの商品