ライヒ、スティーヴ(1936-)
新商品あり

ライヒ、スティーヴ(1936-)

ライヒ、スティーヴ(1936-) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

48件

すべてのユーザーレビューを見る(48件)

  • 多重録音により成し遂げられた世界、完ぺきさがある。...

    投稿日:2021/07/22

    多重録音により成し遂げられた世界、完ぺきさがある。ずっと聞いていると意識が麻痺してっしまうような感覚になり不思議...これを音楽とよべるのかは異論もあるだろう。

    ruri さん

    0
  • 素晴らしい2枚組のアルバムである。ミニマリズム音楽...

    投稿日:2018/12/24

    素晴らしい2枚組のアルバムである。ミニマリズム音楽の教祖スティーブ・ライヒの作品をクリスチャン・ヤルヴィとライプツィヒMDR放送交響楽団及び合唱団が演奏した録音である。クリスチャン自身が書いている英語のライナー・ノートによると、「2、4、80、4、2」という数字がこのアルバムに関係している。1枚目の2曲目として収録されているClapping Musicは80歳になったライヒと若いヤルヴィの2人がそれぞれ2本の素手をたたいて奏でている。個人的な話になるが、この曲は東京オペラシティでのライヒの80歳記念公演でも聴いたことがあって、とても印象的だ。1曲目はメニューインの80歳記念に作られたもの。ちなみにこのアルバムが登場した2016年はライヒの生誕80歳の年である。3曲目のThe Four Sectionは4セクション構成。2枚目の2曲はどちらもオーケストラ版の世界初録音になり、どちらも4つのパートによって構成されている。1枚目の作品の演奏はライブ。どの作品も高い集中力でとんがった演奏が展開されており、楽しめる。録音も優秀。

    saitaman さん

    0
  • 80歳を迎えたスティーヴ・ライヒ(1936年〜)を祝福す...

    投稿日:2016/11/01

    80歳を迎えたスティーヴ・ライヒ(1936年〜)を祝福するアルバムが次々とリリースされていますが、このブラッド・ラブマン指揮によるアンサンブル・シグナルの「ダブル・セクステット / レディオ・リライト」もその1枚。 アンサンブル・シグナルはライヒの代表作「18人の音楽家のための音楽」もリリースしており、その透徹した演奏は新たなマスターピースの誕生を予感させました。 「ダブル・セクステット」は、2011年3月11日・12日の録音。文字通り、2組の6人編成、すなわち、ヴァイオリン2、チェロ2、フルート2、クラリネット2、ピアノ2、ヴィブラフォン2の計12名により演奏されています。 本来は、あらかじめ6人で演奏したテープを会場で流し、そこに音を重ねるようにして、6人が演奏する曲だそうですが、アンサンブル・シグナルは、12人編成で一気に演奏しています。 非常に力強く、緊迫感さえ伴って演奏される「T. Fast」。そこには現代が横たわっているようで、人々がどこかへ追い詰められていくような情景も浮かび上がってきます。 一転して、たおやかな「U. Slow」。つかの間の平穏でしょうか?これから訪れるであろう変化の時に備えるようにも聴こえます。 再びアップテンポで隙のない演奏が続く「V. Fast」。何かに急かされるように進み、歯切れの良いエンディングを迎えます。 鮮やかな色彩感に溢れた演奏は見事。 「レディオ・リライト」は、2016年1月24日の録音。ライヒが、先鋭的なロックバンド、レディオヘッドの楽曲にインスパイアされて書いた作品であることは、双方のファンによく知られていると思います。 ちなみに、レディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッドがポーランドの音楽祭で、ライヒの「エレクトリック・カウンターポイント」を演奏したことが、この曲の誕生につながったのだそうです。 さて、「レディオ・リライト」は、フルート、クラリネット、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、エレクトリックベース、ピアノ2、ヴィブラフォン2の計11名により演奏されています。 「T. Fast」は、こちらに向かってグイグイと迫ってくるかのような曲。ロックの力強さが表現されているのでしょうか? 「U. Slow」は、穏やかな世界へと転じていきます。ゆったりと流れるサウンドはどこか東洋的。 「V. Fast」には、さほどの速さは感じられません。ミディアムテンポで力強さを秘めたメロディが奏でられ、ミニマル・ミュージックというより、クラシカルなムードが香り立ちます。 「W. Slow」では、再びスローに移行していきますが、ある種の緊張感が曲を支配しているように感じられます。 「X. Fast」は、前曲の緊張感を引き継いでドラマチックに展開していく中で、クライマックスが訪れます。 ライヒは、アフリカ音楽やガムランを研究した当時と同様に、ロックをも自家薬籠中の物にしてしまったのでしょう。 それにしても、70代後半という年齢でロックバンドに興味を持つとは・・・。いつまでも探究心を失わない天才、ライヒに改めて敬意を表したいと思います。 全8曲、約40分の澄み切った世界に浸りながら。

    hiro さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ライヒ、スティーヴ(1936-)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%