ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

ピアノ協奏曲第2番、パガニーニ狂詩曲 ラン・ラン(P)ゲルギエフ&キーロフ劇場管弦楽団(ハイブリッド)

ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4775499
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ラン・ラン&ゲルギエフ、注目のラフマニノフ
中国産の超絶ヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして目下売り出し中のラン・ラン、ラフマニノフ第2番&パガニーニ狂詩曲が登場です。ラフマニノフでは以前にリリ−スされたプロムス・ライヴの第3番が、その仰天のテクニックで世の音楽ファンを驚かせたものだけに、第2番のレコーディングはまさに待望視されていたものです。
共演が、なんとゲルギエフ&キーロフ劇場管弦楽団という点も大きなポイント。先のチャイコフスキー第1番ではバレンボイム&シカゴ響、今回は当代一のカリスマ指揮者と組ませるなど、DGレーベルのラン・ランに寄せる期待の大きさをうかがわせます。ゲルギエフにとっても、第2協奏曲はキーシンとの共演以来2度目の録音で、資質のまったく異なるピアニストと組んだ今回のレコーディングは、その意味でも興味が尽きません。

・ラフマニノフ:
 @ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18
 Aパガニーニの主題による狂詩曲
 ラン・ラン(p)
 サンクト・ペテルブルク・キーロフ歌劇場管弦楽団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

収録曲   

  • 01. Concerto for Piano no 2 in C minor, Op. 18
  • 02. Concerto for Piano no 2 in C minor, Op. 18
  • 03. Concerto for Piano no 2 in C minor, Op. 18
  • 04. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 05. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 06. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 07. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 08. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 09. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 10. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 11. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 12. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 13. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 14. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 15. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 16. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 17. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 18. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 19. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 20. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 21. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 22. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 23. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 24. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 25. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 26. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 27. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 28. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43
  • 29. Rhapsody on a theme of Paganini, Op. 43

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ラフマニノフでは王道のカップリング。ピア...

投稿日:2021/12/04 (土)

ラフマニノフでは王道のカップリング。ピアノ協奏曲の冒頭の部分は、テンポが最も遅い演奏だと思いますが、まるで葬送行進曲のようで不気味。ただ、演奏が進むにつれ他の方も書かれているように軽いタッチの明るい音色で、重いオケの伴奏とはミスマッチ。ロシアのオケよりアメリカのオケの方が相性が良かったかも。狂詩曲はどうしても有名な変奏曲だけで比較してしまうが、テンポが早くあっさりとしている。甘美な余韻に浸れない、ただピアノの躍動感はこちらの方があると思う。これは好き嫌いがはっきり別れる演奏である。私は古い録音だが、このカップリングのベスト盤はアシュケナージ、プレヴィン&ロンドン響です。オケの録音が鮮明に聞こえない(オフ気味)のも残念。このアルバムはやや期待外れで3点です。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ランランのゴルトベルクを「個性的」と書き...

投稿日:2021/01/16 (土)

ランランのゴルトベルクを「個性的」と書き込んだら、「あまりにも音楽を知らなすぎる批評である。グールドとは対極にある演奏を個性的というのは糞も味噌も一緒にした単なる感想の域を出ていない・・・」とお叱りを受けてしまいました(笑)。この盤も十分個性的です。ランランは思ったこと感じたことをそのまま表現している。変な伝統の枠をはめて聴くものではないと思う。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
『指揮とオケを固定し,ピアニストを変えて...

投稿日:2012/09/16 (日)

『指揮とオケを固定し,ピアニストを変えて第2番・第3番とパガニーニ狂詩曲のカップリングをSACDで聴き比べたら面白いかな』なんて思って,当盤とマツ―エフによる第3番を購入しました。当盤はライヴだけあり冒頭からラン・ランの感情移入が凄まじい。で,星五つ。

ニッパー君 さん | 茨城県 | 不明

0

ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品