ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)

人物・団体ページへ

CD

ピアノ協奏曲第2番、パガニーニ狂詩曲 ルービンシュタイン、ライナー&シカゴ響

ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC1798
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ソニー・クラシカル名盤コレクション1000
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、パガニーニ狂詩曲
ルービンシュタイン、ライナー&シカゴ交響楽団

期間生産限定盤

ルービンシュタインのラフマニノフは後年のオーマンディとの録音もありますが、これは1956年、当時名コンビとして全米にその名を轟かせていたライナー&シカゴとの共演。意外なことにルービンシュタインとライナーの共演はこの他にカップリングされている『パガニーニ狂詩曲』の他、ブラームスのピアノ協奏曲第1番があるのみ。名人同士の緊迫感溢れるやりとりが聴ける、充実した演奏。(SONY)

【収録情報】
ラフマニノフ:
● ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
● パガニーニの主題による狂詩曲 op.43

 アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
 シカゴ交響楽団
 フリッツ・ライナー(指揮)

 録音時期:1956年1月9日(op.18)、16日(op.43)
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

● 前奏曲 嬰ハ短調 op.3-2

 アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)

 録音時期:1950年12月11日
 録音場所:ハリウッド、RCAスタジオ
 録音方式:モノラル(セッション)

 原盤:RCA

【ソニー・クラシカル名盤コレクション1000】
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ! ラフマニノフから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む100タイトルを2ヶ月にわたってリリース。(SONY)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ラフマニノフの人気曲目、ライナー、ルービ...

投稿日:2021/03/30 (火)

ラフマニノフの人気曲目、ライナー、ルービンシュタインも好きなアーティスト。今までLPも含め購入する機会がなかったのは自分でも不思議に思います。オーマンディとの共演盤もあるみたいでいずれ購入しようと思います。このラフマニノフの曲目ビアノ協奏曲はリヒテル盤、狂詩曲はアシュケナージ盤が私の中ではベストチョイスだったのですが、ルービンシュタイン盤もマイチョイスに加えたくなりました。ショパン弾きで有名なルービンシュタインですので、コンチェルトは繊細さはお手のものでもダイナミックさは欠けると勝手に思ってました。リヒテル盤は、ダイナミックな力強い演奏ですが、オケが弱くリヒテルの演奏を受け入れるだけの力量が感じられなかったのが唯一の不満でしたが、ルービンシュタイン盤はライナー、シカゴ響の好サポートを得てビアノが生き生きと弾んでいます。第2楽章はもう独壇場です。甘い切ない旋律はショパン弾きの面目躍如。これは狂詩曲の有名な旋律にも生かされてます。アシュケナージとプレヴィン盤も良かったですが、やはりルービンシュタイン、ライナーの貫禄勝ちです。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ラフマニノフのPコン2番と言えばルービンシ...

投稿日:2021/03/12 (金)

ラフマニノフのPコン2番と言えばルービンシュタイン。 3番がホロヴィッツであることは言うまでもない。 特にライナーとシカゴ響は名盤中の名盤で、 RCA赤盤の至宝。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この、レコードは最高です。主にライナーで...

投稿日:2015/03/08 (日)

この、レコードは最高です。主にライナーですが二番ピアノ協の出だしからの、暗い情熱重量感のある音現代では余り聞けない。ライナーと共演すると何か不思議な サムシングがうまれる。緊張感あふれる演奏です。パガニーニラプソデーも、有名な部分の17変奏ですかライナーの伴奏は最高でこれ以上立体的、且つ情緒豊かに 再現された例は聞いたことがない。また終わりに近いところの(楽譜が読めないので)具体的に言えないがシンバルの打たせ方が絶妙で何度聞いてもすごいと思う 勿論、ルービンスタインのピアノあっての事。粒立ちのおおきい芯のある音が 又、絶妙にからみ感動を盛り立てる。ライナーと共演したブラームスも骨太の名演 マイペースのライナーになじめなかったと雑誌で読んだが、惜しいルービンシュタインももっと極めつけの名演が生まれた気がします。

laki さん | 愛知県 | 不明

1

ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト