ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Piano Concerto, 3, Piano Sonata, 2, : Horowitz(P)Ormandy / Nyp

ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
09026636812
組み枚数
:
1
レーベル
:
RCA
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Concerto No.3 In D Minor, Op.30
  • 02. Sonata No.2 In B-Flat Minor, Op.36

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
Pコン2番のルービンシュタインと Pコン3番...

投稿日:2021/03/12 (金)

Pコン2番のルービンシュタインと Pコン3番のホロヴィッツはRCA赤盤の5本の指に入る名演。 オーマンディとニューヨークフィルとのカーネギーホールのコンサートは歴史に残る名演。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
協奏曲・ソナタ共に最高の名演です。 何よ...

投稿日:2020/02/08 (土)

協奏曲・ソナタ共に最高の名演です。 何よりもホロヴィッツの気迫が伝わってくる演奏でした。 特に、ソナタはSONY録音を数段上回る力演で、「芸人」の至芸を堪能させていただきました。 協奏曲は久しぶりの録音でした。ステレオになって以降、ホロヴィッツの協奏曲の正規録音は、これ以外には、DGのジュリーニとのモーツアルトがあっただけと記憶しています。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ホロヴィッツは1903年生まれで(ゼルキ...

投稿日:2013/11/16 (土)

ホロヴィッツは1903年生まれで(ゼルキンと同い年)、協奏曲第3番をオーマンディとライブ録音した時は75歳になろうとしていたときだ。早めのテンポで、非常にメリハリのあるパワフルな演奏。技巧的な面からいえば衰えは確かにあるが(聴きようによってはそれが気になる向きも有るかも知れない)が、それは些細な問題だろう。またオーマンディの伴奏も力強くすばらしい。そしてピアノソナタ第2番の方はさらに2年後の、やはりライブ録音だ。こちらの演奏は屈指の名演であり、この曲の最高の演奏の一つだと思う。どちらの演奏会も終了後の割れんばかりの拍手と歓声が、いかに大きな感動を聴衆に与えていたかを物語る。それにしても、ライブ録音はノイズやミスがあったとしても、この頃のように一発どりがいいですね。複数の演奏からコラージュしてミスやノイズを消すようなやり方は疑問をいつも感じる。

johnbach さん | 東京都 | 不明

2

ラフマニノフ、セルゲイ(1873-1943)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品