CD 輸入盤

『ダフニスとクロエ』全曲、『シェエラザード』序曲 準・メルクル&リヨン管弦楽団

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8570992
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

準・メルクル/『ダフニスとクロエ』全曲

一連のドビュッシーの録音で、その鋭敏な感性をまざまざと見せつけてくれた準・メルクル。今回は、一層色彩的で情熱的なラヴェルの作品集をお楽しみいただきましょう。
 2世紀末〜3世紀初めのギリシアの作家、ロンゴスによる純愛物語『ダフニスとクロエ』によるバレエ音楽はディアギレフのロシア・バレエ団の依頼によって書かれました。精緻なオーケストレーションは音の魔術師ラヴェル(1875-1937)ならでは。様々な指揮者、管弦楽団による名演が存在しますが、きっと当盤もその中の一つに数えられるであろう輝きを有した演奏です。序曲『シェエラザード』は本来劇音楽として構想されたものですが、序曲だけが完成。こちらも美しい音楽であることは言うまでもありません。(ナクソス)

【収録情報】
ラヴェル:
・バレエ音楽『ダフニスとクロエ』全曲(録音時期:2008年1月15-17日、2月11日)
・夢幻劇の序曲『シェエラザード』(録音時期:2008年2月16-17日)
 ライプツィヒMDR放送合唱団
 フランス国立リヨン管弦楽団
 準・メルクル(指揮)

 録音場所:リヨン、オーデトリアム
 録音方式:デジタル、セッション録音
 Producer and Engineer: Tim Handley

内容詳細

準・メルクルは曲によっては線が細い印象を受けるのだが、このラヴェルは先に発売されたドビュッシーともども秀逸な演奏。何よりも柔らかく繊細な音色をきちんと表出し、合唱の扱いも非常に良い。録音も優秀で、廉価盤であることを考慮すればお買い得。(白)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Ravel: Daphnis et Chloe: Part I: Introduction 00:02:51
  • 02. Danse religieuse 00:04:48
  • 03. Les jeunes filles attirent Daphnis - Danse generale 00:02:50
  • 04. Daphnis s'approche tendrement de Chloe 00:00:42
  • 05. Danse grotesque de Dorcon 00:01:49
  • 06. Danse legere et gracieuse de Daphnis 00:04:28
  • 07. Danse de Lyceion 00:03:12
  • 08. Une lumiere irreelle enveloppe le paysage 00:01:50
  • 09. Danse lente et mysterieuse 00:03:26
  • 10. Derriere la scene, on entend des voix 00:02:45
  • 11. Part II: Anime et tres rude 00:04:47
  • 12. Danse suppliante de Chloe 00:06:06
  • 13. Part III: Aucun bruit que le murmure des ruisselets amasses par la rosee qui coule des roches 00:05:34
  • 14. Chloe figure la jeune nymphe errant das la prairie 00:05:56
  • 15. Devant l'autel des Nymphes - Danse generale 00:04:44
  • 16. Sheherazade, Ouverture de feerie 00:15:33

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リヨンに拠点を移したメルクルのラヴェルと...

投稿日:2012/01/31 (火)

リヨンに拠点を移したメルクルのラヴェルということで期待して聴きましたが、期待通り、いやそれ以上の出来栄えで購入して良かったと満足。バレエ音楽として全体を見通しており、聴き手に散漫な印象を微塵も与えない手腕は見事。オケの実力も高い。近くドビュッシー全集が発売されるが、このコンビによるラヴェル全集も待ち遠しいものである。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
メルクルさんとフランスのオケらしい、自信...

投稿日:2011/01/27 (木)

メルクルさんとフランスのオケらしい、自信に満ちた、丁寧、安定な演奏、合唱も含めて美しい。ラヴェルは書くあるべし、と言う響き。もう少し、面白み、重厚さが有っても、とも思いますが、真正直な好演。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0

ラヴェル(1875-1937)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド