CD

『マ・メール・ロワ』全曲、高雅で感傷的なワルツ クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS23274
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ラヴェル:マ・メール・ロワ、高雅で感傷的なワルツ
クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団


ラヴェルが自作のピアノ曲をオーケストラ用に編曲した2曲のカップリング。『マ・メール・ロワ』での目のつんだ優しい響き、『高雅で感傷的な円舞曲』での絶妙な気品、いずれも本物のラヴェルが存分に味わえます。(Warner Classics)

【収録情報】
ラヴェル:
● バレエ音楽『マ・メール・ロワ』全曲
● 高雅で感傷的なワルツ


 パリ音楽院管弦楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)

 録音時期:1962年4月
 録音場所:パリ、サル・ワグラム
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 2011年リマスター音源使用

【クラシック・マスターズ】
大好評のクラシック・マスターズ続編発売!
今回も、旧EMIクラシックスの国内盤、輸入盤の実績&人気上位アイテムの中から100タイトル・セレクト。名盤中の名盤を厳選し、世界一流のアーティスト陣によるラインナップ!
アナログ音源については、アビー・ロード・スタジオほか海外スタジオによる、アナログ・マスターからの最新リマスター音源を使用。
フロントカヴァーはオリジナル発売海外カヴァーデザインを多数使用。
声楽入り作品は歌詞対訳付(Warner Classics)

内容詳細

アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団によるラヴェルの「マ・メール・ロワ」と「高雅にして感傷的なワルツ」(1962年録音)。いずれも作曲者みずからがピアノ曲をオーケストラ用に編曲したもの。気品に満ちたやわらかな響きが印象的だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リマスターによりクリュイタンスが描きたか...

投稿日:2021/07/11 (日)

リマスターによりクリュイタンスが描きたかったラヴェルのいろいろな側面がよりクリアになったと思う。 特にマ・メール・ロアでは、優しさや愛情がより感じられるようになった。 やはり全集としてイの一番としての愛聴盤の位置は変わらない。

チバリスト さん | 千葉県 | 不明

0

ラヴェル(1875-1937)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品