レオンカヴァッロ(1857-1919)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

歌劇『道化師』全曲 パヴァロッティ、ムーティ&フィラデルフィア管弦楽団

レオンカヴァッロ(1857-1919)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
434131
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. "Hummingbird"
  • 02. "Lovin' Only Me"
  • 03. "Fields Of Home, The"
  • 04. "Heartbreak Hurricane"
  • 05. "Let It Be You"
  • 06. "Lonesome For You"
  • 07. "Kentucky Thunder"
  • 08. "When I Love"
  • 09. "He Was Onto Somethin' (So He Made You)"
  • 10. "Casting My Shadow In The Road"
  • 11. "Saviour, Save Me From Myself"

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ムーティの思い入れの詰まった録音だ。 ...

投稿日:2017/09/14 (木)

ムーティの思い入れの詰まった録音だ。 パヴァロッティ、ポンス、デッシーなど最高の歌手たちを呼んでアメリカの聴衆にイタリア・オペラの真髄を示そうとしたように思える。 パヴァロッティの語るようなイタリア語を聴いていると、やはりネイティブの発音(発声)は違うと強く感じる。 台詞を声を張って読み上げる事が歌に繋がっているようだ。 デッシーに関しては、欲を言うともう少し若いネッダを表現していたらと思う。 ポンスは丁寧にプロローグを歌っているが、ポンスに限らず歌手もオーケストラも全体的に(合唱も細かい表現をしている。)オペラハウスでの演奏とはまた違った、音楽が隅々まで作り上げられている感じがする。 ムーティがフィラデルフィア管弦楽団の音楽監督時代、1992年の演奏会形式でのライブ録音。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
なんと素晴らしいオーケストラ(フィラ管!...

投稿日:2009/05/31 (日)

なんと素晴らしいオーケストラ(フィラ管!)、なんと素晴らしいい声の饗宴(パヴァロッティ、デッシー!!)。高性能のエンジンを搭載した車をムーティのタクトがコントロールして、カタストロフィへ一気呵成に向かう快感。

小田春永 さん | 東京都 | 不明

0

レオンカヴァッロ(1857-1919)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品