レハール(1870-1948)
新商品あり

レハール(1870-1948) プロフィール

レハール(1870-1948) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

フランツ・レハール(Franz Lehar, 1870年4月30日 - 1948年10月24日)はオーストリア=ハンガリー帝国に生まれ、オーストリア、ドイツを中心にオペレッタの作曲により活躍した作曲家。

生涯

ドイツ人を両親にハンガリーのコマーロムに生まれる。父フランツは元々スロヴァキアへの植民者だが軍楽隊長として帝国内の転勤族、母クリスティーネはハンガリーへの植民者であった。プラハ音楽院でドヴォルザークらに学び、軍楽隊長を経てウィーンでオペレッタ作曲家としてデビュー。「銀の時代」とよばれたオペレッタの第二黄金期を代表する作曲家となる。

1905年「メリー・ウィドウ」で一躍人気作曲家となる。1909年発表の代表作「ルクセンブルク伯爵」はこれと系統を同じくする喜劇だが、その後徐々に作風を転換。従来のオペレッタの喜劇一辺倒を脱し、ある程度の笑いをおりまぜつつも基本はシリアスに展開する独自の形を確立していく。特に、1925年に初演された「パガニーニ」、1927年の「ロシアの皇太子」、そして1929年の「微笑みの国」は、これまでのオペレッタには無かった悲劇であり、レハール独特のウィンナ・オペレッタ路線を象徴する傑作である。この路線はウィーンでは必ずしも歓迎されず、上演拠点はベルリンに移された。1934年若き総監督クレメンス・クラウスから依頼された初のウィーン国立歌劇場上演作品「ジュディッタ」以後は筆を折る。これをもってウィンナ・オペレッタの終焉と位置づける専門家も多い。

ナチス党率いるドイツがオーストリアを統合した後には、夫人ゾフィー(旧姓パシュキス)がユダヤ人の生まれ(レハールとの結婚に伴いカトリックに改宗)であったにも拘らずナチス党政権からの庇護を受けたが、そのもとで新作を発表することはなかった。

第二次世界大戦が終結しオーストリアが復活して3年後の1948年に、同国のザルツブルク近郊のバート・イシュルで亡くなり、同地に埋葬された。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%