Blu-ray Disc

【一次受付】《withliveトーク視聴シリアル付 / 全額内金》 ワンダーエッグ・プライオリティ 1 完全生産限定版 Blu-ray

ワンダーエッグ・プライオリティ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ANZX15131HMV1
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
脚本
:
音楽
:
原作
:
声優 / 声の出演
:
制作スタジオ
:

内容詳細

【完全生産限定版特典】
●全巻収納ケース
●キャラクターデザイン・高橋沙妃 描き下ろしジャケットイラスト
●オリジナル・サウンドトラックCD VOL.1
●オーディオコメンタリー[第3回〜第4回]出演:相川奏多・斉藤朱夏
●特製ブックレット VOL.1
●絵コンテ集 VOL.1
●SDキャラクターシール
●第1巻発売記念イベント抽選申込券封入
2021年5月15日(土) AKIHABARA UDX シアター
出演:相川奏多・楠木ともり・斉藤朱夏・矢野妃菜喜
【応募期間:2021年4月23日(金)23:59まで】

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

★イントロダクション
脚本家・野島伸司がアニメの世界で紡ぎだす、悩みもがく少女たちの物語――。14歳の少女・大戸アイは、深夜の散歩の途中で出会った謎の声に導かれ、「エッグ」を手に入れる。
「未来を変えたいなら」「今はただ選択しろ」「さぁ、自分を信じてー」「エッグを割れー」「エッグ」を割った先で、アイを待つものとは……。

「高校教師」「薔薇のない花屋」ほか話題のドラマを数多く生み出してきた脚本家・野島伸司が手掛ける、初のオリジナルアニメーション作品。
監督を務めるのは、「22/7 あの日の彼女たち」のキャラクターPVをはじめ、数多くのアニメ作品に携わる気鋭の演出家・若林 信。
そしてその強力タッグに、キャラクターデザイン:高橋沙妃、音楽:DÉDÉ MOUSE/ミト(クラムボン)、制作:CloverWorksが加わり、物語を描き彩る。

脚本家・野島伸司と、アニメ界の若き才能が出会い紡がれた少女たちの物語。
クオリティの高い映像と音楽で繊細かつ鮮やかに描き出される、完全新作オリジナルアニメーション――。


★放送情報
日本テレビ、BS日テレほかにて放送開始!2021.1.12 START!
・日本テレビ:1月12日毎週火曜/ 25:29〜※第1話(1月12日)25:35〜
・札幌テレビ:1月12日毎週火曜/26:34〜
・山口放送:1月14日毎週木曜/25:29〜
・中京テレビ:1月14日第1話(1月14日)25:37〜※第2話(1月23日)以降毎週土曜/25:59〜
・ミヤギテレビ:1月14日毎週木曜/25:39〜
・福岡放送:1月14日毎週木曜/26:10〜
・南海放送:1月16日毎週土曜/25:25〜
・読売テレビ:1月18日毎週月曜/26:05〜
・日本海テレビ:1月18日毎週月曜/26:05〜
・テレビ金沢:1月20日毎週水曜/25:34〜
・青森放送:1月22日毎週金曜/25:56〜
・BS日テレ:1月13日毎週水曜/25:00〜

※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。


★スタッフ
原案・脚本:野島伸司
監督:若林 信
キャラクターデザイン・総作画監督:高橋沙妃
コンセプトアート:taracod
副監督:山崎雄太
アクションディレクター:川上雄介
コアアニメーター:小林恵祐
ゲストキャラクターデザイン:久武伊織
プロップデザイン:井上晴日
デザインワークス:大鳥/絵を描くPETER
色彩設計:中島和子
美術監督:船隠雄貴
撮影監督:荻原猛夫
3DCG:Boundary
編集:平木大輔
音響監督:藤田亜紀子
音楽:DÉ DÉ MOUSE/ミト(クラムボン)
音響効果:古谷友二
企画プロデュース:植野浩之(日本テレビ)/中山信宏(アニプレックス)
制作:CloverWorks
製作:WEP PROJECT

主題歌:アネモネリア

★キャスト
大戸アイ:相川奏多
青沼ねいる:楠木ともり
川井リカ:斉藤朱夏
沢木桃恵:矢野妃菜喜


©WEP PROJECT

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ガチャから出てくる卵を割ると美少女が!!...

投稿日:2021/06/17 (木)

ガチャから出てくる卵を割ると美少女が!! …と書くと誤解されてしまいそうですが 自殺してこの世から消えている彼女達を夢の世界で守るために 大戸アイら思春期の少女達が戦います。 なぜ?何のために?全てが謎に包まれていますが、ドラマもアクションも圧倒的な作画クオリティと怒濤の展開であっという間に観ている者を惹き込むことでしょう。 知る人ぞ知る野島伸司による脚本は本人が「現在のTVでは描きたいものが描けない」として、新たなフィールドとしてアニメを選んだだけあって。やりたい放題(良い意味で)です。 ホラータッチもありながら実にミステリアス、時に不条理に見えるかもしれませんがそれもまた楽しみのうちです。 オリジナルアニメの隠れた傑作がここにまた一つ!

michikusa さん | 広島県 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品