CD 輸入盤

『パルジファル』〜ピアノ連弾によるパラフレーズ(フンパーディンク編曲) マルコヴィナ、ガーベン

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GRAM98987
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ワーグナー/フンパーディンク編曲『パルジファル』ピアノ連弾版
アナ=マリア・マルコヴィナ、コート・ガーベン


ワーグナー作品のピアノ編曲録音は数多く存在しますが、『パルジファル』のまとまったものは無かったので、今回のフンパーディンクによる編曲版の登場は注目されるところです。
 大のワグネリアンでもあった若き日のフンパーディンクは、41歳も年齢の離れた晩年のワーグナーと交流があり、息子のジークフリートの音楽教師も務めていたほどで、そうした背景もあって、バイロイトでの『パルジファル』の上演準備に2年に、渡って携わってもいました。
 その際に書かれたのがこのピアノ連弾版なのか、あるいはそのときの経験を活かして後に書かれたものなのかは、現在の情報ではわかっていませんが、作品に深く関係する人物の編曲には興味深いものがあるとも思われます。
 演奏は、ミケランジェリのモーツァルトのピアノ協奏曲でもおなじみのドイツのピアニストで指揮者のコート・ガーベンと、クロアチア出身で独墺のレーベルからソロや室内楽、協奏曲のCDをリリース済みのピアニスト、アナ=マリア・マルコヴィナの連弾によるものです。(HMV)

【収録情報】
・ワーグナー/フンパーディンク編:『パルジファル』ピアノ4手版 [74:24]

 アナ=マリア・マルコヴィナ(ピアノ)
 コート・ガーベン(ピアノ)

 録音時期:2012年5月25-27日
 録音場所:バイロイト、シュタイングレーバー・ハウス室内楽ザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Wagner: Parsifal (arr. Humperdinck for piano 4 hands): Vorspiel [9:03]
  • 02. Amfortas [5:31]
  • 03. Das Heilthum [2:50]
  • 04. Der Schwan [2:59]
  • 05. Einzug in die Gralsburg [9:25]
  • 06. Das Liebesmahl [12:00]
  • 07. Klingsor und Parsifal [7:53]
  • 08. Die Blumenmadchen [6:27]
  • 09. Herzeleide [2:55]
  • 10. Charfreitagszauber [6:50]
  • 11. Titurels Todtenfeier [4:52]
  • 12. Die Erlosung [3:41]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
パルシファルのピアノ演奏版を楽しむという...

投稿日:2022/04/26 (火)

パルシファルのピアノ演奏版を楽しむというより、バイロイトで舞台稽古用の音楽なのかなぁ?という印象です。とはいえ、特に第2幕の音楽は意外と楽しめます。高級なBGMとして聞き流すには最高かもしれません。

jin さん | 長野県 | 不明

0

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品