CD 輸入盤

『未発表〜イザイ、プリムローズ』 デヤン・ボグダノヴィチ、ピエール=アンリ・ズエレブ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CC777745
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

イザイとプリムローズがこんなお宝を残していたとは! ヴィオラの魅力満喫!

ヴァイオリンの神イザイとヴィオラの神プリムローズ作品をまとめた体裁をとりながら仰天の内容のディスク。全14曲中5曲が全くの世界初録音。その他もほぼ聴いたことのないものやヴァイオリン曲のヴィオラ編曲など宝箱のようなラインナップとなっています。
 まず驚きなのがイザイ編曲によるショパンの2つのワルツ。イザイ編曲のショパンといえばこれまで『バラード第1番』と『ワルツ ホ短調』は知られていましたが、イ短調とヘ短調の抒情的な2篇もあったのは驚き。ヴィエニャフスキの曲かとみまごう効果に満ちています。
 さらに興味深いのはイザイの手による無伴奏ヴィオラ曲2篇。イザイはヴィオラもしばしば弾いたとされますが、ヴィオラの音色美を生かした『序奏』、超絶的なヴィルトゥオジティを示す『ディヴェルティメント第3番』、ともに無伴奏でじっくり聴かせます。
 ウィリアム・プリムローズはイギリス出身のヴィオラの名手ですが、彼は最初ヴァイオリンを専攻し、ブリュッセルで46歳年長のイザイに師事しました。しかし適性を見抜いたイザイの薦めでヴィオラに転向し、世紀の大演奏家となりました。なんとプリムローズがプーランクとアーサー・ベンジャミンをヴィオラとピアノ用に編曲していました。それもポピュラーな『ジャマイカ・ルンバ』。これもヴィオラの特性を生かした名編曲。
 ヴァイオリンのデヤン・ボグダノヴィチはセルビアのベオグラード出身で、ヴィクトル・トレチャコフに師事。ヴィオラのピエール=アンリ・ズエレブは13歳でアヴィニヨン音楽院、16歳でパリ音楽院のともにヴィオラ科のプルミエ・プリを受賞した名手。プリムローズ最後の弟子のひとりともなりました。室内楽にも力をいれ、恩師の名を冠した「プリムローズ・アンサンブル」を近年結成しています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. イザイ:序奏〜無伴奏ヴィオラのための
2. イザイ:ディヴェルティメント第3番〜無伴奏ヴィオラのための
3. ショパン/イザイ編:ワルツ ヘ短調 Op.70-2
4. ショパン/イザイ編:華麗なワルツ イ短調 Op.34-2
5. イザイ:2つのサロン・マズルカ Op.10
6. イザイ/ズエレブ編:子守歌
7. イザイ/ズエレブ編:子供の夢 Op.14
8. プーランク/プリムリーズ編:パストラーレ(ジャンヌの扇より)
9. ベンジャミン/プリムローズ編:ジャマイカ・ルンバ
10. ベンジャミン/プリムローズ編:サン・ドミンゴより
11. ヴュータン:奇想曲 Op.55〜無伴奏ヴィオラのための
12. ダンディ:歌 Op.19
13. イザイ:サン=サーンスの『ワルツ形式による練習曲』によるカプリス


 デヤン・ボグダノヴィチ(ヴァイオリン:3-5,13)
 ピエール=アンリ・ズエレブ(ヴィオラ:1,2,6-13)
 ガブリエレ・ヴィアネッロ(ピアノ:3-5,13)
 ゲルハルト・ロイフナー(ピアノ:6-10,11)

 録音時期:2017年2月4-6日、4月3-5日
 録音場所:ポエ=ラヴァル
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音(1-4)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品