SACD 輸入盤

歌劇『椿姫』全曲 クライバー&バイエルン国立歌劇場管

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
477077
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ハイブリッドSACDで蘇る名演!
クライバーの鮮烈な『椿姫』!

1976&77年ステレオ録音。クライバー初期の代表作とされる名盤がハイブリッドSACDになりました。
 おそろしいほどの緊張感と起爆力を、『椿姫』という、多くの場合、叙情的に演奏される作品に反映させて聴衆のド肝を抜いたこの演奏、クライバーとしても若いころだけのものだった動的な感覚の凄みと冴えが、随所で驚きと興奮をもたらして刺激的なことこのうえなし。
 とにかく全編、「音が立ってる」という感じのスゴイ演奏で、鋭利なフォルテ、強弱の振幅、歌手の感情表現の高揚に合わせ速度を上げていく劇的な手法など、表現意欲の凄まじさには目を見張らされるばかり。
 しかもレコーディングがアナログ完成期の見事な優秀録音であったことも幸運で、アナログのワイドなパフォーマンスが生きる超広帯域フォーマットであるSACDでのリリースはやはり嬉しい出来事と言えるでしょう。

・ヴェルディ:歌劇『椿姫』全曲(ハイブリッドSACD2枚組)
 イレアナ・コトルバス(S)
 プラシド・ドミンゴ(T)
 シェリル・ミルンズ(B)
 ステファニア・マラグー(Ms)、他
 バイエルン国立歌劇場合唱団
 バイエルン国立管弦楽団
 指揮:カルロス・クライバー

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND (5.1ch)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. La traviata
  • 02. La traviata
  • 03. La traviata
  • 04. La traviata
  • 05. La traviata
  • 06. La traviata
  • 07. La traviata
  • 08. La traviata
  • 09. La traviata
  • 10. La traviata
  • 11. La traviata
  • 12. La traviata
  • 13. La traviata
  • 14. La traviata
  • 15. La traviata
  • 16. La traviata
  • 17. La traviata
  • 18. La traviata
  • 19. La traviata
  • 20. La traviata
  • 21. La traviata
  • 22. La traviata

ディスク   2

  • 01. La traviata
  • 02. La traviata
  • 03. La traviata
  • 04. La traviata
  • 05. La traviata
  • 06. La traviata
  • 07. La traviata
  • 08. La traviata
  • 09. La traviata
  • 10. La traviata
  • 11. La traviata
  • 12. La traviata
  • 13. La traviata
  • 14. La traviata
  • 15. La traviata
  • 16. La traviata

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
コトルバスが残念すぎる。ヴィオレッタの病...

投稿日:2021/03/09 (火)

コトルバスが残念すぎる。ヴィオレッタの病弱な面だけが浮かび上がって、高級娼婦の誇り高い面が表現できていない。歌い方も曲尾で妙に崩したりする点が聴いていて耳障りが悪い。これでクライバーがOKを出したのが誠に不可解。

ジャン=ルイ さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
椿姫の最高録音です。 最初から最後まで、...

投稿日:2020/02/06 (木)

椿姫の最高録音です。 最初から最後まで、音が隅々まで生き生きとしており、まるで挑みかからんばかりに迫ってきました。 こんな椿姫を聴かされたらクライバーの全演奏を聴きたくなって当然だと思います。 是非、一度は聴いておきたい椿姫でした。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
もともとこの椿姫,コトルバスに華がなく,...

投稿日:2017/09/13 (水)

もともとこの椿姫,コトルバスに華がなく,特にお気に入りの演奏でもない.またクライバーのオケも室内楽的というか,blu-ray Audioで聴いてもその効果はどれほどのものか?という疑念があったが,値段が3000円程度なので購入してみた. 聴いてみたところ,予想通りであった.高音など,確かにblu-ray Audioのおかげでレンジが広がっていることは感じられるが,これによって見違えるほど魅力が増したわけでもなく,わざわざ買うほどのこともなかったというのが結論. 演奏だけなら★4つだが,blu-ray Audio盤としての魅力ということで★3つという評価. デッカの60年代ウィーンフィルの演奏は,blu-ray Audioの魅力が存分に発揮されているが,DG盤は概してダメという印象.元の録音自体が大したことがないということなのだろう.

bobprn さん | 不明 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト