ロード・エルメロイII世の事件簿 6 「case.アトラスの契約(上)」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041088128
ISBN 10 : 4041088127
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
272p;15

内容詳細

半年前、ライネスとエルメロイII世は、奇妙な掟と謎が秘められた辺境の墓地を訪ねていた。黒い聖母。ブラックモアの名を継ぐ一族。寡黙な墓守の少女。過去と現在が交錯し、事件は真に変転する。

【著者紹介】
三田誠 : ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南北 さん

    グレイの過去にまつわる話。魔術師ではないのに、ロード・エルメロイU世の内弟子になっているのはなぜかが解き明かされそうです。本作はこれまでの経緯を知らないと理解できない点が多いので、これまでの作品を読んでから取り組んだ方ががいいようです。ウェールズの小さな村で起きた殺人事件が今後どう展開されていくのか後半も楽しみです。

  • スズ さん

    己の過去と向き合う為、グレイは師と共に故郷の村に戻る事に。ブラックモアの墓守に選ばれた己の境遇に想いを馳せる中、グレイ達が出会ったのはアトラス院院長のアトラシアで…。三つの魔術協会の一角の頂点であるアトラシアとの邂逅、世界を七度滅ぼすとまで言われるアトラス院の七大兵器の一つの登場、FGOでも未登場な円卓騎士の登場等、こちらのテンションを何度爆上げする気なのかと思うほど、FATEファン垂涎の単語や設定の数々が素晴らしい。偽グレイの死の謎にまつわるエルメロイU世の推理劇も見所満載で非常に満足で、続きが楽しみ。

  • りんご さん

    遂に明かされるグレイの過去。ロード・エルメロイU世とグレイの出会いは断片的に語られてはいたが、改めて「顔を見せないでくれ」のくだりの二人だけが通じ合っている感じが凄くよかった。タブーのある閉鎖的な村という舞台設定はそれだけでもわくわくするものがある。それに加えて、村にいる重要で意外な1人の客人。この村の秘密はどういうものなのか興味が強くなる。そしてアッドの正体もなかなかに衝撃的だった。あと今回はエルメロイ教室の主要な登場人物がたくさんでているのも嬉しい。

  • ぺぱごじら さん

    物語は核心へ。それにしても剥離城アドラからここまで僅か半年かとちょっとびっくり。顔だけ英霊少女、拙っちゃんが置き去りにしてきた「過去」と決着をつけるためにやってきた故郷でのお話。U世が「敵」とする相手が定まってから、どんどんお話が楽しくなってきた。2020-16

  • とかげのしっぽ さん

    ★★★☆☆グレイがロードエルメロイに付いて行く事になったきっかけの物語。ライネスがまた出てきてくれた!とウキウキしながら読んでいくと、まさかの早期離脱!?ライネスが付いていく流れは必要だったのか?アトラス院が関わっているようですが、この辺りよく理解できてないんだよな。何を読んだら分かり易いのだろうか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。近年では、TRPGリプレイ形式の創作物のフィクション・マスター、漫画の原作など、多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品