週末ベトナムでちょっと一服 朝日文庫

下川裕治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022617880
ISBN 10 : 4022617888
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
263p;15

内容詳細

バイクの波を眺めながら路上の屋台コーヒーを啜り、バゲットやムール貝から漂うフランスの香りを味わう。ホーチミンシティとハノイを行き来しながら思い浮かんでくるのは、「フランシーヌの場合」のあの時代。追憶のなかから今を描く、ゆるくて深い週末ベトナム。

目次 : 第1章 デタム通りの二十年/ 第2章 五千ドン、二十五円の路線バスがホーチミンシティの足になる/ 第3章 ベトナム料理に姿を変えたフランス料理/ 第4章 チョロンからはじまった「フランシーヌの場合」世代の迷走/ 第5章 コーヒーの花を求めてバンメトート/ 第6章 ハノイに漂う中国を歩く/ 第7章 田舎と都市の格差に潜む社会主義/ 第8章 在住者がすすめる週末ベトナム

【著者紹介】
下川裕治 : 1954年長野県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、新聞社勤務を経て独立。90年、『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている

阿部稔哉 : 1965年岩手県生まれ。フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業後、「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おいしゃん さん

    アジア好きとしては、このシリーズには本当にそそられる。戦争などの影響が色濃い国というのがよくわかった。

  • manamuse さん

    私もベトナムが大好きだ。一人旅でホーチミンに行ったのは何年前だったか…。当時から特に理由はなく、首都ハノイよりホーチミンを選んだが、この作品を読んでなんとなくその理由が分かった気がする。南部は東南アジア、北部は中国の影響を受けている。当然フランス領だった影響もあるが、それは主に食にいい意味で残っている。次もやっぱりホーチミンだなぁ…と思いつつ、ベトナム語の勉強も頑張らねばな!

  • きのぴ さん

    先週ベトナム(ホーチミン)に旅行したので、それと合わせて読了。読むだけでは分からないことも、実際に訪れることで理解が深まった気がする。特にベトナム戦争における、北と南での認識の違いは興味深かった。肝心の旅行はとても楽しかった。親日なので人は優しいし、物価も安いし、道路はバイクで溢れ返っていてカオスだし(笑)、異国に来た感を存分に味わえました。ベトナムとってもおすすめです!

  • Akihiro Nishio さん

    ベトナム戦争当時の雰囲気を知る作者によるベトナムガイド本。物語ベトナムの歴史を読んだことがあるので、ベトナムの歴史を知っているつもりではあったが、それは北部視点によるベトナムの通史であることがわかった。そう言えば、そう書いてあったような気がする。北部と南部の違いに関する考察が興味深い。また、現地駐在員たちによる短いオススメスポットの紹介もあり気楽に楽しめる。ベトナム航空には乗る機会が多いので、今度はベトナムにも寄ってみよう。

  • sagatak さん

    ベトナム旅行にあたって軽いガイド本と思って読んだ。普通のガイド本とは違って店や見所の紹介があるわけではない。しかしベトナムの雰囲気をうまく伝えてあるし、最近の歴史がそれとなく書かれているのでとても役にたった。南北ベトナムで違いがあるのは知ってはいたが、今回の旅行の経験と併せて、ベトナムは南と北中部では意識が違うということが分かった。たしかにちょこちょこ行ってもいい国なので、タイトルの週末・・・もぴったり。次はコーヒーの花を見に、いや香りを楽しんでみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

下川裕治

1954年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。新聞社勤務を経て独立。アジアを中心に海外を歩き、『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)で作家デビュー。以降、アジアや沖縄をメインフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている。週末アジア旅、長距離鉄道旅行、旅行指南書など、旅のテーマ

プロフィール詳細へ

下川裕治に関連するトピックス

  • ソウルを温かく見つめる週末 日本の隣国・韓国。その首都ソウルを旅行作家・下川裕治が旅をしながら独自の視点で見つめた『週末ソウルでちょっとほっこり... HMV&BOOKS online|2015年07月24日 (金) 18:41
    ソウルを温かく見つめる週末

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品