週末香港・マカオでちょっとエキゾチック 朝日文庫

下川裕治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022618207
ISBN 10 : 4022618205
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;15

内容詳細

路上を占拠した学生たちが涙を流した香港、カジノ景気に沸くマカオ。同時期に中国に返還された対照的なふたつの街。でも、「この街が好き」を味わう週末旅。香港での「僕」の居場所になった重慶大厦(チョンキン・マンション)、香港の大衆食堂に出現する食の異空間、自由が足かせになった香港、中国の富を巧みにとり込むマカオ。90年代にそれぞれイギリス、ポルトガルから返還された街は、中国と独特なバランスを保っている。時代のうねりに翻弄され続けるふたつの街は、ちょっとディープな街歩きにちょうどいい。

【著者紹介】
下川裕治 : 1954年長野県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、新聞社勤務を経て独立。90年、『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている

阿部稔哉 : 1965年岩手県生まれ。フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業後、「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    著者の本は初めて読んだ。多くの本を書かれている。タイトルだけで思い込んでいたのはもっとお気楽な旅行記だったこと。読んでみて内容が外国についてとても冷静な目で描かれていること。本書は香港・マカオについて書かれている。先般も話題になった香港については小さないざこざはあれどまだ自由がある香港のことだった。政治的、歴史的な背景も書かれているので香港のことを知るには良い本だと感じた。外国を自由自在を旅する人を尊敬する。出不精で怖がりの私には著者のような度は憧れても実際に出来るかといえばこれはまず無理だ・・図書館本

  • ryuetto さん

    貧乏していた学生時代、食パンとインスタントラーメンの組み合わせにはまった。日本では、ちょっと人には言えない恥ずかしい取り合わせでも、広いアジアの空の下では、普通にパンとラーメンを一緒に食べている人々がいる。そんな香港人は、愛すべき隣人なのだ。と、まとめてあるエピソードがちょっと気に入りました。 世界は広い。アジアが好き。旅はいいねえ。という著者の気持ちが伝わるから。 あと、香港の雨傘革命や、マカオがポルトガル領だった時代の話など、歴史や政治についてのうんちくも相変わらず豊富で勉強になります。よかったです。

  • ネロ さん

    旅行に行くまでに読めばよかった一冊ですね。生来?のバックパッカー下川さんの利用する安宿、地元食堂に憧れます。自分ではきっと出来ないし、挑戦する勇気もありませんので。香港、マカオ、中国…それにイギリスとポルトガルの複雑な関係が内、外、両サイドからの視点で語られ、より深くこの街について知ることができました。絶えず翻弄され先行きの不安な中で彼らは今日も逞しく生きているんですね。建築法の怪しい高層マンションを思い出し、私の方が不安になりました。

  • スプリント さん

    表通りではなく裏通りの観光ガイドです。取り上げられている場所は週末にふらっといくにはハードルが高いですが一度は行ってみたいですね。マカロニスープはまずい。ということが強く印象に残りました。

  • エリ本 さん

    海峡を挟んで緊張状態にある台湾、返還前イギリス式民主主義で自由を享受していた香港、返還前から中国式の発想を持っていたマカオ。それぞれの事情がこれまでの中国との関係に影響を与えていたことを知りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

下川裕治

1954年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。新聞社勤務を経て独立。アジアを中心に海外を歩き、『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)で作家デビュー。以降、アジアや沖縄をメインフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている。週末アジア旅、長距離鉄道旅行、旅行指南書など、旅のテーマ

プロフィール詳細へ

下川裕治に関連するトピックス

  • ソウルを温かく見つめる週末 日本の隣国・韓国。その首都ソウルを旅行作家・下川裕治が旅をしながら独自の視点で見つめた『週末ソウルでちょっとほっこり... HMV&BOOKS online|2015年07月24日 (金) 18:41
    ソウルを温かく見つめる週末

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品