となえておぼえる漢字の本 小学1年生

下村昇

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784039205100
ISBN 10 : 4039205103
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
136p;19

内容詳細

漢字学習のベストセラー・下村式「となえておぼえる漢字の本」の改訂4版。今回からひとまわり大きくなってB6判に。2020年度からの小学校新学習指導要領に対応。小学1年生で習う漢字80字を学習。漢字のなりたちを知って楽しく学べる、書き順が「口唱法(R)」で正しく身につくなどの特徴はそのままに、文例や熟語を充実、学習の注意やクイズも付加。巻末には新たに「漢字ファミリー分類表」や独自の「はやくりさくいん(R)」も加えた充実の内容。


著者紹介

下村昇
1933年、東京生まれ。東京学芸大学卒業。「現代子どもと教育研究所」所長。漢字・国語教育のほか、子どもの教育全般にわたり活躍中。『下村式 小学漢字学習辞典』『下村式 小学国語学習辞典』『下村式 となえて書く漢字ドリル漢字練習ノート(学年別・全6巻)』『ドラえもんの学習シリーズ(内4巻)』など、著書多数。

まついのりこ
1934年、和歌山県生まれ。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本をきっかけに、作品を発表。新しい知識絵本の分野を切り開いた。紙芝居の独自性を追求した作品も発表。絵本『ころころぽーん』(1976年ボローニャ世界児童図書展エルバ賞)、紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』(1983年五山賞)など、作品多数。


【著者紹介】
下村昇 : 1933年、東京生まれ。東京学芸大学卒業。小学校教諭、東京都教科能力調査委員、全国漢字漢文研究会理事などを経て、「現代子どもと教育研究所」所長。漢字・国語関連書や児童文学など、著書多数

まついのりこ : 1934年、和歌山生まれ。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本をきっかけに、物語性のある知識絵本や、観客参加型の紙芝居を発表。絵本『ころころぽーん』で1976年、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』で1983年、五山賞を受賞。2017年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 春 さん

    目次から追っていって、イラストと文が流れるように漢字へ繋がっていて面白いなあと思った。私はこどもじゃないから本当のところは分からないけど、お話を追うように次の漢字が出てくるのは読んでいて楽しいのではないかなあ。個人的には例文がときたまシュールでふふっとなった。

  • がんばるさとさと さん

    小学一年の娘はあまり興味を持ちませんでした。 親が唱えて、唱えて、ひたすら唱えて覚えさせる本かな。 小学生女児の興味を引く本ではないので。 でも、そんなひたすら唱える前に、一年生の漢字は覚えちゃうので、自分で学習できるもっと高学年には有効かもしれませんね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

下村昇

1933年、東京生まれ。東京学芸大学卒業。小学校教諭、東京都教科能力調査委員、全国漢字漢文研究会理事などを経て、「現代子どもと教育研究所」所長。漢字・国語関連書や児童文学など、著書多数

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品