ぞうくんのおおかぜさんぽ こどものとも絵本

中野弘隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834025477
ISBN 10 : 4834025470
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,32p

内容詳細

ある大風の日、ごきげんなぞうくんが散歩にでかけると、大風に吹かれ、仲良しのかばくんが転がってきた。かばくんを止めてあげたぞうくん。一緒に散歩に行くことに。すると今度はわにくんが転がってきて…。

【著者紹介】
なかのひろたか : 1942年、青森県に生まれる。1964年、桑沢デザイン研究所デザイン科卒業。卒業後、アニメーション・スタジオ、デザイン会社勤務を経て、現在は絵本の創作に取り組んでいる。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ぞうさんがお散歩の途中にいろいろな動物(...

投稿日:2021/04/15 (木)

ぞうさんがお散歩の途中にいろいろな動物(お友達)に出会い一緒にお散歩をしていく物語です。ぞうくんシリーズはいつもぞうくんが力持ちの設定で、最後に池の中に落っこちるのが可愛いです。

ぱこぺ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ぞうくんシリーズは娘がとても大好きです。...

投稿日:2021/04/14 (水)

ぞうくんシリーズは娘がとても大好きです。 ごろんごろんごろんのところは、とても楽しそうにキャッキャ言いながら聞いています。 みんなが最後、ごきげん!で終わるのがよいですね。

ちっちゃんママ さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    娘の「ゾウの絵本が読みたい」リクエストに応えて(ゾウの絵本多いなあ)。「ぞうくんのさんぽ」という、ゾウが背中にカバ、ワニ、カメを乗せて散歩するだけの話がシリーズ化。本書は、大風の中を同じメンバーが散歩するのだが、風が強くて上には乗れない。そこでゾウが風に向かって他のメンバーを押す、という趣向。で、やっぱりみんな池に落ちるのだが、みんなごきげん。あまりにも似た内容で、娘は本書と「ぞうくんのさんぽ」の見分けがつかなかった。「ほら、こっちはタテに並んでるけど、こっちはヨコでしょ」と言うと、不承不承納得した様子。

  • くぅ さん

    あめのひさんぽよりこっちの方がいいなぁ、これは好きかもと思いつつ読み聞かせしてました。"ごろんごろんごろん"に大喜びの息子。このページ、何度も読まされました(笑)(1歳3ヶ月)

  • たーちゃん さん

    風が強い中でもさんぽをするぞうくん、かばくん、わにくん、かめくん。最後のオチはまた…。このシリーズは息子のお気に入りです。

  • 円舞曲 さん

    毎度ながら、パステルカラーとトロ〜ッとした感じが好きです。

  • aiaimo`olelo@しばらくゆるりと さん

    きょうはおおかぜ。ぞうくんはごきげん「どれどれ、さんぽにでかけよう」。 いつもご機嫌のぞうくん偉いなぁ(*^^*)でも、さすがに散歩はやめておいた方が… と思うほどの大風。木もかなりしなってるよΣ(´∀`;)いつもの池も水面が波打っています。 やっぱりハプニングが…そしてお決まりの「どっぼーん!」 何をどうやっても「どっぼーん!」となる安定の展開にニコニコ、いや、ニヤニヤ嬉しそうな顔で見入る息子。 風の様子がどう変わったのかを感じて考えられる、最後の木の絵も良かったです。 5歳7か月。 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品