一ノ瀬ユウナが浮いている

乙一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087900637
ISBN 10 : 4087900630
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
追加情報
:
228p;20

内容詳細

幼馴染みの一ノ瀬ユウナが、宙に浮いている。
十七歳の時、水難事故で死んだはずのユウナは、当時の姿のまま、俺の目の前にいる。
不思議なことだが、ユウナのお気に入りの線香花火を灯すと、俺にしか見えない彼女が姿を現すのだ。
ユウナに会うため、伝えていない気持ちを抱えながら俺は何度も線香花火に火をつける。
しかし、彼女を呼び出すことができる線香花火は、だんだんと減っていく――。

乙一が映画『サマーゴースト』の姉妹作として『花火と幽霊』をモチーフに執筆したオリジナル青春小説。

好評発売中の『サマーゴースト』ノベライズも必読!!

【著者紹介】
乙一 : 17歳のとき『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2002年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞。複数の別名義で小説を執筆、安達寛高名義では映像作品の脚本、監督作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    乙一は、新作中心に読んでいる作家です。昨年読んだ『サマーゴースト』に続いて、姉妹作の本書を読みました。 青春幻想譚の佳作、オリジナルだけあってノベライズの『サマーゴースト』よりもずっと良い出来でした。切ない! しかしこんなにも週刊少年ジャンプ&集英社忖度小説だとは思いませんでした(笑) https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-790063-7

  • いつでも母さん さん

    『サマーゴースト』は未読。帯とカバーから一ノ瀬ユウナが私の脳内に存在して‥青春真っ只の爽やかさが私にはちょっと照れくさい。ラストは何となく想像できるのに、やっぱりほろりとしてしまう。かつて小学校卒業まじかに埋めた彼らのタイムカプセル。ユウナの手紙には泣けた。限られた線香花火の刹那が愛しくて切ない。どんな別れも辛いけれど忘れはしない。忘れなくていい。それでも生きていける。大地、頑張れ。

  • おしゃべりメガネ さん

    久しぶりの乙一さん作品。装丁からイメージするとおりの爽やかであり、ちゃんと作者さんならではの切なテイストも含んでいます。とある町に五人の幼なじみがいて、その中の一人「ユウナ」は、残念ながら不慮の事故で17歳でその生涯を閉じてしまいます。彼女に想いをよせていた「大地」は彼女のコトを忘れられないまま時を過ごしますが、とあるきっかけから線香花火をやったトキだけ、彼女があらわれてくるコトを知ります。限られた時間での逢瀬に二人は埋めきれなかった時間を少しでも埋めようとします。乙一さんらしさ満点の爽やか物語でした。

  • 美紀ちゃん さん

    「サマーゴースト」がとても良かったので、これも読みたかった。 切ない。 涙が出た。 苦しい。 好きな人が突然死んでしまって苦しい。 でも、あるアイテムで、会うことができて! HUNTER×HUNTERの話は懐かしかった。 キュンなストーリー。泣ける。忘れることなんてできないよ!

  • itico さん

    そのまま大人になれば、ユウナと大地は結ばれたかもしれない。淡い恋心を抱いたまま、未来を閉ざされたふたり。決して成就することのない恋だけれど、もしも叶うならどんな形でも逢いたい。せつないなあ。ふたりの関係が、世俗にまみれ切った私には眩しすぎる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

乙一

1978年福岡県生まれ。96年「夏と花火と私の死体」で第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品