ジグソーパズル48 双葉文庫

乾くるみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575525205
ISBN 10 : 4575525200
フォーマット
出版社
発行年月
2021年12月
日本
追加情報
:
371p;15

内容詳細

私立曙女子高等学院の問題児ばかり集められるクラスに、ある生徒が異動してきた。家族が借金を抱えているため、自分で学費を稼ごうと校則違反のアルバイトをしていたことが理由だという。それを知ったクラスメイトたちは彼女が特待生資格をとれるよう一致団結するが…(「マルキュー」)ほか全七篇を収録。個性豊かな女子高校生達が日常で起きた事件を解決!ミステリの名手がおくる連作短篇集。

【著者紹介】
乾くるみ : 1963年、静岡県生まれ。1998年に『Jの神話』でメフィスト賞を受賞しデビュー。『イニシエーション・ラブ』は大ヒットし、映画化もされ話題に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タケチヨ さん

    う〜ん、てか乾先生って48グループとなにか癒着でもあるの?ってのが読後に真っ先に感じた印象。AKBのファンなら楽しめるような仕掛けが随所にあるのだが、各章のタイトルが彼女たちの楽曲というのはまだ序の口で、登場人物たちの名前が実在のメンバーの名前をぐちゃぐちゃに崩したものになっており、人名としてはかなり無理があるような名前がゴロゴロ出てきて内容に集中出来ない読み辛さがあった。女子高生たちが沢山出てくるのに恋愛要素やドロドロ感が全くなくて、皆が意外と仲良し同士というのは珍しい。

  • Junichi Yamaguchi さん

    『個性豊かな女子高生たち』…  短編集。 いやぁ、各々の名前が個性的だわ。 僕の頭ではどの謎も解けなかったが、楽しめた。 内容も様々で謎解きが好きな人にはオススメ。。

  • Kazuko Ohta さん

    頭を使わずに読めそうな本だと思って手に取ったのに、めちゃめちゃ難しいじゃあないか。そもそもどうして48なのかと思ったら、登場人物の名前がAKB48のメンバーのアナグラムになっているんですと。知らんがな。同じ女子高に通う生徒が登場する短編7つ。日常に起きた事件と言うけれど超非現実的。笑ったのは「サドルは痴漢」。当時「サドルになりたい」とつぶやいていた男子がいたと何十年も経った最近知ったから(笑)。トイレに行って手を洗わずに出てくる女子が多いということもこの本で教えてもらいました。隠された謎、ひとつも解けず。

  • シオウ さん

    イニシエーションラブと同じ作者、ということであの驚きをまた味わえることを期待して購入したが、ちょっとハードルを上げすぎてしまったかもしれない。良かったのは3つの涙。謎解きもオチも良かった。他の話は、突然の悪魔にデスゲーム、何もかもショボイ苺泥棒、女子高生による空き巣軍団結成など、突拍子もない設定や登場人物が多く物語に入り込めなかった。同じ女子校を舞台にした連作短編だが、各話の登場人物は総入れ替えだし話の繋がりもない。もう少し繋がりもたせてたら面白かったような。

  • くろねこ さん

    『ラッキーセブン』のみ別の作品に収録されてて読んだことあったけど、どれも面白くて満足。 同じ高校が舞台だけど、それぞれ異なる女子高生グループたちが繰り広げるお話で出来た短編集。 わたしはカラオケ店が舞台の、2つのグループ間で消えた苺の犯人探しをする『GIVE ME FIVE』がお気に入りでした🍓 動機は「え、そんなこと…?」ってなったけどw

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

乾くるみ

1963年、静岡県生まれ。1998年に『Jの神話』でメフィスト賞を受賞しデビュー。『イニシエーション・ラブ』は大ヒットし、映画化もされ話題に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品