二井原実 自伝 真我 Singer

二井原実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845632114
ISBN 10 : 484563211X
フォーマット
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;19

内容詳細

目次 : ■第一章: 誕生前夜〜THE BIRTHDAY EVE / ■第二章: ラウドネス始動〜LOUD ALIVE / ■第三章: アメリカへ〜THUNDER IN THE EAST / ■第四章: 決別、再生〜DREAMS OF DUST / ■第五章: 再会、出航〜THE SUN WILL RISE AGAIN / ■第六章: そして未来へ〜RISE TO GLORY / ■第七章: 家族よ〜ONE / ■マイク、イヤーモニター、etc・・・ 愛用機材コレクション / ■付録: 経験則による断言! 二井原実のヴォーカル四方山話

【著者紹介】
二井原実 : 1960年3月12日、大阪府出身。1981年、ラウドネスのヴォーカリストとしてプロ・デビュー。1980年代半ばには海外にも進出、ビルボードTOP100にチャートイン、マジソン・スクエア・ガーデンでライヴを行うなど、日本人初の快挙を次々に成し遂げる。1988年にはラウドネスを脱退するが、ソロ名義の他、デッド・チャップリン、SLY、X.Y.Z.→Aといったバンドのフロントマンとしても音楽活動を継続。2000年にはオリジナル・メンバーで活動することになったラウドネスに復帰、コンスタントにアルバムをリリースし続けている。ライヴ活動は日本国内にとどまらず、ヨーロッパを中心として、アメリカ、アジアの国々など、文字通りワールドワイドに行っており、世界中のファンを熱狂させ続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エヌ氏の部屋でノックの音が・・・ さん

    2018年 3月12日 初版。。。私しがこの人と出会うのは、『サンダー〜』と『シャドーズ〜』が切り替わる頃である。その頃の私しは、女性なら、カレン、ジャニス。男性ならレノン・マッカートニーであった。丁度バイトで貯めたお金で、念願のエレキギター(フェンダージャパンの2Tサンバースト)を買い、ビートルズのコピバンをやっていた時に、ベースをやっていた子が『サンダー〜』のLPを持ってきた。一同呆然だったことを記憶している。その後男性なら、レノン、二井原となる。その後ZEPやDPなどを貪る様に聞いた。

  • nao1 さん

    とても人間らしい、感情が豊かな人だと思った。世界を見るロックスターらしくないほどの関西のおにいちゃん気質に、稀有な声とロックとの出会いがあったんだな。歌のテクニックや英語についてはずいぶん乗り越える壁があったんだな。これからも日本を代表するハードロックフロントマンとしての歩みを応援したいです。

  • フジイ・シンイチ さん

    個人的にはX.Y.Z.→Aの話をもっと読みたかった。近頃のラウドネスにはあんまり興味ないので。とはいえ、大好きな二井原さんの話は最高でした。

  • あさどりもも さん

    ここ最近のラウドネスは良い。 歌がきちんと前に出てるから。 もっとラウドネスから離れていたときのことも知りたい。

  • hal さん

    文章の素人っぽさが逆にリアリティがあり、一気に読んだ。本人のコンプレックス、プライド、いろんな感情が、うずまき胸を熱くさせた。最近ブルーススプリングスティーンの自伝も読んだが、同じく声に特徴があら、それが自信だったりコンプレックスだったりで、少し重なり面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品