地図帳の深読み 100年の変遷

今尾恵介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784807165872
ISBN 10 : 4807165879
フォーマット
出版社
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
177p;21

内容詳細

おもな掲載テーマ―飛行機が珍しかった時代、時代の変化に敏感な世界地図と国旗、日本産レアメタル、地図帳に残る地域の名産品。

目次 : 第1章 地図帳で往時の「世相」を追う/ 第2章 地図帳は黙して「時代」を語る/ 第3章 「境界」が語る版図の変遷/ 第4章 「地名」は時の流れとともに/ 第5章 時代とともに変わる注目すべき「地形」/ 第6章 地図帳に人々の息吹を吹き込んだ「産業」の資料

【著者紹介】
今尾恵介 : 1959年横浜市出身。地図研究家。明治大学文学部ドイツ文学専攻中退。中学生の頃より帝国書院の地図帳を愛読。授業で国土地理院発行の地形図に出会い、地形図マニアになる。現在、(一財)日本地図センター客員研究員、(一財)地図情報センター評議員を務める。『地図マニア 空想の旅』集英社インターナショナル(第2回斎藤茂太賞受賞)、『今尾恵介責任編集 地図と鉄道』洋泉社(第43回交通図書賞受賞)、『日本200年地図』河出書房新社(監修・日本地図学会2019年学会賞受賞)など地図や地名、鉄道に関する著作が多数ある。2019年度には、日本地理学会賞(社会貢献部門)を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まーくん さん

    帝国書院×今尾恵介氏による学校地図帳深読み第二弾。帝国書院が最初に地図帳を世に出してから101年。「昔の地図帳」と「最近の地図帳」を読み比べると、この1世紀の間に日本と世界が辿ってきた激動を感じずにはいられない。昭和9年(1934)発行の地図帳には当時、日本領となっていた台湾、南樺太、朝鮮の詳細な地図が載っており、「大日本帝国」の興隆とともに、彼の地の人々の、その後の厳しい運命を思わぬわけにはいかない。著者も「思えば日本という国は、ある時期にずいぶんと頻繁に戦争をしてきたものである」と嘆息している。

  • パトラッシュ さん

    戦前の地図は歴史本に多少載っていたが、まとめてみると当時の政治や外交、世相などが今日以上に強く反映しているのがわかる。パナマ運河の詳細や軍管区・植民地図、朝鮮北部の産業地図に占領中の小笠原などがない地図などは社会が必要としたからこそ掲載されていたのだ。ほとんどなくなった産業記号や、政治情勢の変化で消滅した地名などは歴史の敗者が残した爪痕のようだ。戦前の日本の東西南北端や国内の二つの標準時を示す図は、大日本帝国の現状を国民に教える政策だった。地図帳が政治と深く結びつき、その意志に左右され続けた事情を教える。

  • KAZOO さん

    前作は現在の地図帳から様々な地図の見方を教えてくれましたが、今回は出版社の協力のもと地図帳の100年の歴史を示してくれました。とくに軍事的な観点でのものが多く地図が非常に重要であったということがよくわかります。また産業などからの観点なども示されており参考になりました。

  • Nobuko Hashimoto さん

    一冊目と同時購入。最新の地図帳だけでなく、古いもの、海外のものもたくさん所有し、長く地図を研究されてきた方が編んでいるので、幅広い事項が取り上げられていて、とても面白い。こちらは「変遷」に重点を置いている。私の関心対象である旧ソ連や東欧、ドイツもちょこちょこ取り上げられているのでありがたい。授業のネタにさせてもらおう。日本の帝国主義時代に関する事項や、国内の産業構造の変化を扱った項目もたいへん面白かった。月イチ書評で取り上げる予定。

  • ぬこ田ぬこ道 さん

    本邦における「地図読みの大家」である、今尾恵介氏の学校地図帳エッセイ第2弾である。前著では現在の地図帳をが中心であったが、今回は、過去の地図帳を読み解いている。地図の読解もさることながら、驚かされるのは、引用される地図が極めて美麗であることである。しかも、編集から製版、印刷まで全て手作業である。まさに、職人技の結晶である。今尾氏もコラムや本文で何度もそれを称賛している。まさにあらゆる面で。激動の世紀であった20世紀を学校地図帳は、雄弁に物語っている。帝国書院の凄さを思い知るシリーズであった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今尾恵介

1959年横浜市出身。地図研究家。明治大学文学部ドイツ文学専攻中退。中学生の頃より帝国書院の地図帳を愛読。授業で国土地理院発行の地形図に出会い、地形図マニアになる。現在、(一財)日本地図センター客員研究員、(一財)地図情報センター評議員を務める。『地図マニア 空想の旅』集英社インターナショナル(第2

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く... |2015年10月19日 (月) 12:51
    なぜ日本人は幸福を感じられないのか?
  • ローマ社会における奴隷の実情を明かす 現在のイタリア人の40%は奴隷の子孫だと言われるが、当時の奴隷たちは愛人から医者まで様々な役割を果たしていた。奴隷な... |2015年06月10日 (水) 10:38
    ローマ社会における奴隷の実情を明かす
  • 貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』 宮内庁が24年余りをかけて編さんし、天皇の御事蹟、日本社会を記述した『昭和天皇実録』。全19冊のうち、0〜12歳を収... |2015年06月03日 (水) 10:10
    貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』
  • 人気のテレビ哲学番組を書籍化! テレビ放送のたびに話題を呼んだNHK Eテレの哲学トーク番組「哲子の部屋」が本になった『哲子の部屋』。人気哲学者が「... |2015年05月18日 (月) 17:16
    人気のテレビ哲学番組を書籍化!
  • 帝国憲法の成り立ちと意義を問う 歴史をひもとけば、大日本帝国憲法は、幕末明治の志士らが命を懸け勝ち取ったものであったことが見えてくる。帝国憲法の栄光... |2015年05月08日 (金) 17:52
    帝国憲法の成り立ちと意義を問う
  • お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本! 一度読むだけで、日本史の流れがすーっと頭に入って、忘れることがない奇跡の日本史物語『京大芸人式日本史』。芸人ロザン・... |2015年04月16日 (木) 14:19
    お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本!

おすすめの商品