道行きや

伊藤比呂美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784104324033
ISBN 10 : 4104324035
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
追加情報
:
224p;20

内容詳細

目次 : うらしま/ 鰻と犬/ 耳の聞こえ/ 粗忽長屋/ 燕と猫/ 木下ヨージ園芸百科/ 荒野にモノレール/ むねのたが/ 山のからだ/ パピヨンと友/ 「ヨーコ・オノ!」/ ひつじ・はるかな・かたち

【著者紹介】
伊藤比呂美 : 1955年、東京都生まれ。78年、『草木の空』でデビュー。八〇年代の女性詩ブームをリードする。結婚・出産を経て97年に渡米した後、熊本に住む両親の遠距離介護を続けていた。99年、『ラニーニャ』で野間文芸新人賞、2006年、『河原荒草』で高見順賞、『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で07年に萩原朔太郎賞、08年に紫式部文学賞を受賞。15年、早稲田大学坪内逍遙大賞、19年、種田山頭火賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
伊藤比呂美さんのアメリカでの日々や、熊本...

投稿日:2021/03/05 (金)

伊藤比呂美さんのアメリカでの日々や、熊本に住みながらから早稲田大学で授業をしに東京へ通う日々が描かれたエッセイです。友人のはなしや、犬との生活。大学の学生とのエピソード。様々な植物のはなし。とても楽しい読書体験でした。文章は読みやすく、リズムよく読めます。

はれ さん | 島根県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美登利 さん

    ああ、いいな。比呂美さんのエッセイを読む度に感じる。ちっとも似てるところはないはずなのにどことなく自分を代弁してくれてるような安心感。熊本に戻り、週半分は東京へ通い早稲田大学で教える日々。植物、飼い犬、アメリカの永住権、カリフォルニアの海、そして日本語を思う存分喋られる生活にも馴染み。エネルギッシュに生きる比呂美さんを見習いながら、私もまた頑張ろうと思える。

  • どんぐり さん

    3日間は早稲田で「文学とジェンダー」の授業をし、4日間は熊本で犬と過ごす自称「老婆」の比呂美さん。ズンバズンバの時から齢を重ねて、熊本で親を看取り、アメリカで夫を看取り、日本に帰って来た。若い頃のテーマが性で、今は少し先にある死だという。「年を取って、髪が白くなり、目が見えにくくなり、膝が痛み、月経がなくなり、耳の聞こえが悪くなる」媼の道行きに、これまでの人生の来し方を愛おしむ姿が滲み出でくる。このエッセイには生につきものの老いと死が投影されて、「あれもなくし、これも落とし、どこかになにかを置き忘れて、そ

  • ゆのん さん

    アメリカで夫を亡くし熊本へ戻る。お供は愛犬。大学での講師の仕事や、講演などの道すがら思い出すアメリカの荒野。方向も分からない山に入ったり、植物を育てたり、時には行きずりの人と燕の話をする。こう書くと素敵な暮らしの様に感じるが、大切な人や物を多く見送ってきた寂しさというか儚さというかそういうものも感じる。65歳のリアルが描かれたエッセイ。

  • 14番目の月 さん

    伊藤さんはとても自然体、という印象。 同年代として、アクティブに生活されている姿に力をいただけます。 失敗談を読んでいると面白いを通り越してちょっと心配になりますが、これからも素敵なエッセー期待しています。

  • kei302 さん

    表紙の装幀デザインが格好いい。表紙をめくると、熊本の散歩道と愛犬ホーボーとカラスの写真。味わい深いです。リアクションペーパーに心を痛め、10月1日を憂鬱に感じる伊藤さん。2020年度は休校中で今は熊本に。変則的に登場する月イチで出演のラジオ番組を楽しみにしているので、このままレギュラーになってほしいな。あのヨーコさんに似ていると言われるそうで、何となく分かる。それにしても、ヨーコさん、多すぎます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤比呂美

1955年生まれ。詩人。青山学院大学文学部卒業。’80年代の女性詩ブームを牽引する。結婚、出産をへて’97年に渡米したのち、2018年に帰国。熊本に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品