資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界

佐々木実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065133101
ISBN 10 : 4065133106
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
640p;20

内容詳細

「資本主義の不安定さを数理経済学で証明する」。今から50年以上も前、優れた論文の数々で、世界を驚かせた日本人経済学者がいた。宇沢弘文―その生涯は「人々が平和に暮らせる世界」の追求に捧げられ、行き過ぎた市場原理主義を乗り越えるための「次」を考え続けた信念の人だった。大宅賞作家が描く「ノーベル経済学賞にもっとも近かった日本人」86年の激動の生涯。

目次 : リベラリズム・ミリタント/ 朝に道を聞かば夕に死すとも可なり/ ケネス・アローからの招待状/ 輝ける日々/ 赤狩りの季節/ カリフォルニアの異邦人/ 別れ/ シカゴ大学「自由」をめぐる闘争/ もうひとつのシカゴ・スクール/ 二度目の戦争/ 「陰(Shadow)」の経済学へ/ “ドレス”と“自動車”/ 反革命(The Counter‐Revolution)/ 空白の10年/ ローマから三里塚まで/ 未完の思想Liberalism

【著者紹介】
佐々木実 : 1966年、大阪府生まれ。91年、大阪大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。東京本社経済部、名古屋支社に勤務。95年に退社し、フリーランスのジャーナリストとして活動している。2013年に初の著書『市場と権力―「改革」に憑かれた経済学者の肖像』(講談社刊)で、第45回大宅壮一ノンフィクション賞・第12回新潮ドキュメント賞をダブル受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シカゴ大学には新自由主義のフリードマンの...

投稿日:2021/03/21 (日)

シカゴ大学には新自由主義のフリードマンの対極に、 日本で一番、ノーベル経済学賞に近いと言われた宇沢弘文さんがいた。 持続可能な健全な資本主義社会には、 公共が伴う。 資本主義社会の大前提はいつしかマネタリストたちによって歪曲され、 本来の新自由主義も産業界によって歪曲された。 サッチャーやレーガンが求めた新自由主義社会は、 40年たってどうなったか? 世界の経済は限りなく貧困を克服したが、 反面、先進国は二分化され分断が生じた。 これは正確には新自由主義の責任ではない。 まともな経済学者が大前提とした理論も、 都合の良い解釈や政治で結果失敗の烙印が押される。 時代は揺り戻し、修正を加えながら変化する。 その原点にあるのは、 経済はひとりひとりの生活だということ。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    宇沢先生のほとんど完璧といえる伝記あるいはそれに伴う作品論が書かれたような気がしました。宇沢先生については日経新聞の私の履歴書、集英社新書の元岩波の社長によるものが今までではかなり真実を伝えていましたが、この本はそのとくに業績全般について補っている部分が多いと感じました。私は宇沢先生ほとんどの著作を手にしていますがこれほど克明に理論形成などを追った評論なども読んだことがありません。非常に力作であると思いました。

  • Sam さん

    宇沢先生の評伝。評伝を読んでこんなに胸が熱くなったことはなかった。数学を志した学生時代、数理経済学者として時代の最先端を走っていた米国時代、日本に帰国し公害問題を端緒に「社会的共通資本」の確立に情熱を注いだ時代が丹念に描かれている。経済学は社会科学ではあるが、それに留まらず人間としてどう生きるかという問題と切り離せなかったのが宇沢先生の素晴らしさでもありある意味悲劇でもあった。「経済学の原点は、人間の心を大事にすること、一人ひとりの生き様をどのように考えていくかなのです」という宇沢先生の言葉が重く響く。

  • kawa さん

    世界的に高名な天才経済学者・宇沢弘文氏(恥ずかしながら存知あげなかった…)の生涯と業績を追うドキュメント。「人間の心」を置き去りにする近代経済学や市場システムを万能とする考え方に異議を唱え、水俣公害事件や成田空港農民闘争などに積極的に関わった氏。がちがち経済理論の記述もある600頁超えの大作、読了無理かと思ったがいつの間にか引き込まれ4日間かけて読了。国の政策遂行に経済学が深く関わっているということや、熾烈な学派論争にビックリ。TPP問題・長野県の脱ダム宣言にも深く関わった氏の考えに大きな刺激を頂いた。

  • 壱萬弐仟縁 さん

    宇沢先生も、ラスキン、河上肇『貧乏物語』に傾倒されていたと知り、経済学徒としては頼もしい存在だ。数学から、数理経済学へと転向されたのは正解だったのではないか? スタンフォード大学、シカゴ学派。ヴェブレンなどの制度経済学。それに、デューイや鶴見俊輔まで、幅広く登場する。さらには、環境経済学の系譜から、公害の宮本憲一。都留重人、森嶋通夫と、幅広く経済学の重鎮が登場する。大部にふさわしい内容である。また、開発経済学からは南北問題の提起、農業経済学のシュルツ、東畑精一の章立てもあるので、経済学史としても読める

  • ロビン さん

    『社会的共通資本』等を著し日本人で最もノーベル経済学賞に近いと言われ、アローやスティグリッツなど多くの受賞者から尊敬されていた経済学者・宇沢弘文の伝記。宇沢は日本に帰国し水俣病や環境問題などの社会問題に関わるまではアメリカやイギリスで世界トップレベルの経済学者たちの中で研究をしていたため、交流のあった学者は悪名高いフリードマンを含め著名な人物ばかりだが、彼らの経済学理論や宇沢自身の「2部門成長モデル」なども解説され近代経済学小史の観がある本。優れた頭脳と温かい心を持ち合わせた偉人の傑作評伝だ。お勧め。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐々木実

1966年大阪府出身。大阪の大学経済学部を卒業後、91年に日本経済新聞社に入社。東京本社経済部、名古屋支社に勤務。95年に退社し、フリーランスのジャーナリストとして活動している。2013年に出版した『市場と権力―「改革」に憑かれた経済学者の肖像』(小社刊)で第45回大宅壮一ノンフィクション賞と第12

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品