はこぶ 五感のえほん

佐々木幹郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835451916
ISBN 10 : 4835451910
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29

内容詳細

なにをはこぶ?どこへはこぶ?

【著者紹介】
佐々木幹郎 : 1947年奈良県生まれ。同志社大学文学部哲学科中退。ミシガン州立オークランド大学客員研究員、東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文芸非常勤講師などを歴任。詩集に、『蜂蜜採り』(書肆山田、高見順賞)、『明日』(思潮社、萩原朔太郎賞)など多数。評論・エッセイ集に、『中原中也』(筑摩書房、サントリー学芸賞)、『アジア海道紀行』(みすず書房、読売文学賞)など多数

いわむらかずお (岩村和朗) : 1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    いわむらかずおさんの絵を求めて。運ぶ人、運ぶもの、自然界、人間界、文明の進化などなど、運ぶことに関する提示と気づき。サンタさんを発見したときには「いいのかな?」とちょっとたじろぐ。そして、このシリーズのすごいのは、最後でとてつもない疑問をこちらに投げかけてくるところ。さあて、どうすべきかとしばし黙考。

  • ちみたんママ さん

    〈息子食いつき度〉★★★☆☆〈私気に入り度〉★★★★☆ シンプルなのに奥深い! 運ぶ、ただそれだけのことでここまで世界が広がるとは思わなかった。文字少ないから小さい子でも大丈夫だと思うけど、出てくるイラストを説明しなきゃいけないかも。読み聞かせる側の労力が必要かな。でも、「運ぶ」ってことが今の私たちにどう繋がるか、どう支えてくれてるのか…理屈じゃなく感覚で理解できます。こういうのリビングに置いといて、ひとりでパラパラ見てもらうのもいいかな。長く付き合ってるうちに意味がわかる、たぶんそんな本です。

  • kor さん

    マクロからミクロ、目に見えるものから見えないもの、昔から現在、自然からテクノロジー社会まで、様々な「はこぶ」があるんだな。「はこぶ」ことなしに世界は成り立たないのかもしれない。いろんな「はこぶ」の中で生きているんだな。

  • ここ さん

    図書館☆5歳6ヶ月。いわむらかずおさんのイラストに惹かれて手に取りました。「犬がそりを引いてくれる、犬ぞりっていうのがあるのよ」と、イラストを指差して話すと、「猫ぞりもあるの?」っと娘…。まさかの質問に思わず吹き出しました。猫ぞりかぁ〜。どんなそりになるかな?(笑)

  • てぃうり さん

    サンタさんはひとなんだね。かごやさんに運ぶの原点を見た。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品