おじさんのかさ

佐野洋子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061318809
ISBN 10 : 4061318802
フォーマット
出版社
発行年月
1992年05月
日本
追加情報
:
31cm,31p

商品説明

雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財/全国学校図書館協議会選定図書
/日本図書館協会選定図書

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • seacalf さん

    お気に入りの傘を眺めてうっとりとしてしまうおじさんの気持ち、よくわかるわかる。大事にし過ぎてしまって、端から見るとヘンテコな振る舞いに見えることを上手に表現していること。それでも子供達の会話に耳をすませて、本来の傘らしい用途に気付いて素直に雨音や水跳ねの音を楽しめるようになったおじさんがキュート。心をほどいて、日常にあふれたささやかな喜びを見いだしてくれる。大切な傘を電車内に置き忘れた経験以来、持ち歩かなくなってしまったけれど、そろそろまたお気に入りの一本を探してみようかな。ポンポロロンを聴いてみたいな。

  • Willie the Wildcat さん

    読後の次男。おじさんが、かさを使わなかった理由が不思議だったみたい。「お婆ちゃんからもらった”赤いスーパーボール”と同じかな?」と会話。何の変哲も無い小さなスーパーボール。次男にとっては、とても想いいれがあるみたい。そんな想いを大切にしてもいいのかなぁ。おじさんも同じじゃない・・・。そんな”想いいれ”を思い浮かべます。佐野氏の絵、はそんなおじさんの心境をとても表している気がします。特に、最後のおくさんの表情がいいなぁ、と感じます。

  • 舟江 さん

    ドラマ「この声を君に」で読んでいたので、図書館で立ち読みした。使うべき道具を、床の間に飾って置くようなことは、確かに心当たりがある。作者の名前を見て納得した。

  • 免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    おじさんは、とっても りっぱなかさを もっていました。くろくて ほそくて、ぴかぴかひかった つえのようでした。■ああ、これ 好きだ〜♪ 大事な宝物を だいじにし過ぎちゃうこと あるよね。楽しそうな人を見て、あれ?っておもうんだよね。■あめが ふったら ポンポロロン あめが ふったら ピッチャンチャン  新しいたのしみ。おじさん よかったね ( ' ᵕ ' )

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    ♪あめがふったらポンポロロン あめがふったらピッチャンチャン♪ 青で縁どりされた涼しげな絵本です。出かける時は必ずかさを持っていくおじさん。黒くて、細くて、ピカピカ光る立派なかさを、おじさんはとてもとても大切にしていました。ちょっとくらいの雨なら開かない。大雨でも開かない。だって、大切なかさが濡れてしまうから……。でもね、おじさん。雨の日にかさが奏でる音楽もなかなか良いものですよ♪ 1992年5月初版。梅雨の時期になると読みたくなる本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐野洋子

1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『わたしのぼうし』(講談社出版文化賞絵本賞)、『だってだってのおばあさん』『ねえとうさん』(日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(新美南吉児

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品