代表的日本人 いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ

内村鑑三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784884749798
ISBN 10 : 4884749790
フォーマット
出版社
発行年月
2012年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
237p;19

内容詳細

目次 : 西郷隆盛―新しい日本の創設者(明治維新/ 生い立ち、教養、天の声 ほか)/ 上杉鷹山―封建藩主(封建制度/ 鷹山とその使命 ほか)/ 二宮尊徳―農民聖者(十九世紀初めの日本の農業/ 少年時代 ほか)/ 中江藤樹―村の先生(かつての日本の教育/ 若かりし頃と自覚 ほか)/ 日蓮上人―仏教僧侶(日本の仏教/ 生まれと出家 ほか)

【著者紹介】
内村鑑三著 : 1861‐1930年。キリスト教思想家。無教会主義の創始者。万延2年東京生まれ。札幌農学校卒業後渡米。明治24年一高教授のとき、「教育勅語」に対する敬礼を拒否して免職となる。明治33年雑誌『聖書之研究』創刊。日露戦争以来、一貫して非戦論を唱えた。数多くの著作・評論・講演活動による伝道を行って、当時の青年層に大きな感化を与えた

齋藤慎子 : 同志社大学文学部卒。広告企画制作会社、広告代理店を経て、現在フリーの翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シュラフ さん

    日本の代表的人物を語ることで、外国人に向けて日本人の特性を説明しようとした内村鑑三の著。今から約100年前の本であるが、この後の近代化と戦争によって日本人は変わっただろうか?・・・「否。環境は大きく変わっただろうが、日本人の精神は変わっていない」と思う。だって読んでいて、これら代表的人物たちの教えに素直に共感できる。中江藤樹の部分では「利を得ることが人生の目的ではなく。誠実、正義、人の道が目的である」とある。分かるかな、代表的人物たちの教えというのはすべて(利己心ではなく)利他心が大切だということなのだ。

  • 吟遊 さん

    難しい文章、と思われるけれど、読みやすくする工夫のある本。これを英語で書いて明治に、世界に問うたのはすごい。このあたりから、「古来、日本民族精神とはかくある」というイメージが形成されたのかと思う。

  • しょうご さん

    『致知』の12月号の対談で触れられていたので購入をしました。 日本人の持つ精神性を感じることができました。 居候先の伯父に文句を言わずに全てを受け入れてなお学ぼうとする二宮尊徳が特に印象的でした。

  • GASHOW さん

    内村さんはキリスト教徒だったと思います。彼が選んだ代表的な日本人は宗教は違いますが、キリスト教徒が持つ慈愛などがある人たちのようです。西郷隆盛は、人の家にたずねてもそこの人がきがつくまで自分からは声をかけないような人だったとか。日蓮は、宗教界に戦いをした人生であったとか。日本人としてしっておきたい偉人たちでした。

  • nao さん

    古本屋で見つけたので衝動買い。西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の5人の代表的日本人を通して西洋に向けて日本人の良さを伝えようとしているように思えた。一人一人のエピソードから学べることは凄く多く、読んで良かった。 一冊通してわかったのは、成功の鍵は「意思の強さ」と「利他的である」こと。立ちはだかる壁を意思の強さで乗り越えて、目的が利他的であるからこそ人はついてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品