ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 文春文庫

北川悦吏子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167916565
ISBN 10 : 4167916568
フォーマット
出版社
発行年月
2021年03月
日本
追加情報
:
667p;16

内容詳細

天然シングルマザーの母としっかり者のオタク娘に突如吹き付けた、恋の春一番! トモダチ母娘のエキサイティングラブストーリー。

【著者紹介】
北川悦吏子 : 脚本家、映画監督、エッセイスト。1992年、「素顔のままで」で連続ドラマの脚本デビュー。その後、「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」「たったひとつの恋」「半分、青い。」など数々のヒット作を手がけ、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる。「ビューティフルライフ」では、向田邦子賞、橋田賞を受賞した。映画脚本監督作品に「ハルフウェイ」「新しい靴を買わなくちゃ」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tetsubun1000mg さん

    タイトルは見た覚えがあったし、作者も脚本家としてよく見る名前。というレベルで読み始めたが作家の母親、オタク娘の設定とセリフが面白くて読み進むとだんだんハマってきて、他の登場人物とドンドンと転がっていくストーリーに目が離せなくなる。この厚さの本なのに2日で読んでしまった。さすがはドラマの女王?今どきの若者の行動を上手く入れながら40代の主人公たちを輝かせていく。波乱万丈なストーリーなのに妙に納得させられてしまうしセリフが生き生きとして大変読みやすい。TVドラマの母親役=菅野美穂さんは二十歳の娘はいなさそう。

  • ベア さん

    ドラマを思い返しながら読みました。このシーン、ドラマで見たかったとこや、ドラマでは感じた余韻など比べながら。揺れる気持ちも含め、ぶれない生き方、かっこいいです。

  • ちい さん

    ドラマ見れなかったので小説で読みました。言い回しとか脚本家さんらしいな。忘れた頃にドラマも見てみたいなと思いました。

  • ちくわ さん

    ドラマ観てないけど、だからよかったのかもしれん

  • とん さん

    ドラマが面白かったからと勧められて読んでみた。この母娘の飾り気のない会話がとても好き。そして、碧さんの自分にまっすぐな感じも素敵。引き込まれてあっという間に読めてしまった!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北川悦吏子

脚本家、映画監督、エッセイスト。1992年、「素顔のままで」で連続ドラマの脚本デビュー。その後、「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」「たったひとつの恋」「半分、青い。」など数々のヒット作を手がけ、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる

プロフィール詳細へ

北川悦吏子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド