英語の読み方 ニュース、SNSから小説まで 中公新書

北村一真

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121026378
ISBN 10 : 4121026373
フォーマット
出版社
発行年月
2021年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
241p;18

内容詳細

ネット上で海外発の情報に接する機会が増えた昨今、英語を読む力の重要性はますます高まっている。本書では、ニュース記事や論文、SNS、小説など、幅広いタイプの英文の読み方を指南。論理的な読み解きのセオリーを解説する。独学者にとって宝の山である各種サイトの活用法や、ネイティブでも間違えやすい表現など、「さらに上」を目指す人へのガイドも満載。巻末に、重要語彙・文法が身につく60の厳選例文を収録。

目次 : 第1章 英文を読む前に―日本人に適した英語の学び方(なぜ読解力が大事なのか/ 文法の重要性/ 単語・熟語・イディオム/ 背景知識について)/ 第2章 英文に慣れる―インターネットを活用したリーディング(Wikipediaの記事/ 英文多聴の方法/ インターネットのさらなる活用法/ インターネット以外のメディアの活用)/ 第3章 時事英文を読む―新聞、ニュースに挑戦(時事英文はこう読む(1)―短文編/ 時事英文はこう読む(2)―長文編/ ネイティブでも間違えやすいさまざまな表現)/ 第4章 論理的文章を読み解く―スピーチ、インタビュー記事から論文まで(スピーチやインタビュー/ 論文やノンフィクションの文章)/ 第5章 普段使いの英文解釈―SNS、コミック、小説を読みこなす(SNSの英語/ 4コマ漫画やグラフィックノベルの英語/ 小説の英語)/ 巻末付録 「一歩上」に進むための厳選例文60―解釈や作文に活かせる重要語彙、文法、イディオムを身につける

【著者紹介】
北村一真 : 1982(昭和57)年、兵庫県生まれ。2010年、慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得満期退学。学生時代に関西の大学受験塾、隆盛ゼミナールで難関大学対策の英語講座を担当。滋賀大学、順天堂大学の非常勤講師を経て、2009年に杏林大学外国語学部助教に就任。2015年より同大学准教授。中央大学法学部兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    大学受験レベルの英語をしっかり習得しておけば、あとは文型を意識しながらたくさんの文章にあたり、語彙を増やしていくことで、リーディングとスピーキング両方の力を鍛えられると思った。どうも勉強の意欲にムラがあって継続できていないので、ときどきテコ入れしたい。

  • のり さん

    大学受験レベルの基本的な語彙力、文法力は身についている人向けの、上級レベルの読解力を身につける方法やサイト、書籍の紹介だった。最近の英語教育では、聞くこと話すことに重点が置かれがちだが、英文をある程度のスピードで読む力や、文構造の理解がないと、聞き取ることさえできないという指摘には納得。ある程度レベルの高いやり取りをしようと思えば、読む力をつけることは大切なことだなぁ。

  • kubottar さん

    前提として高校英語がわかってることが必要。英検2級レベルの英語力がないとこの本に書いてある読書法は実践できないでしょう。

  • Nobu A さん

    2021年初版。北村一真著書初読。第1章で日本人の英語力4技能の隔たりと自己評価のズレをセンター試験を引き合いに出し説明。鎌利な洞察力と分析。その後、ネット活用の勉強法。豊富な選例と読み方を指南。教材も紹介。しかし、ニュース、特に小説が正確に読める読解力を身に付けるには語彙習得を統合した書く練習も不可欠。冒頭で「hand-to-hand/徒手空拳で」と適訳しているように、日本語も相当なレベル。読解力と聴解力の関係性同様、作文力とも相関関係にある。作文・推敲作業を抜きで読解力が効果的に向上するかは懐疑的。

  • タイコウチ さん

    前著『英文解体新書』が拷問のような(笑)パズルの連続だったのに比べ、本書はだいぶ取っつきやすいけれど、それでも「分詞構文」「強調構文」「倒置」などの文法用語に抵抗のないレベルの人向け。ジャンル別に英文の読み解き方を例示している。読解では文法知識の有無による予測力が重要であるとわかる。なんとなく気になっていた「I could (not) care less(=どうでもいい)」について詳しい解説があり、勉強になった。多岐にわたってバランスの良い題材の選定に感心するが、ダーウィンの虫好きを示す自伝が面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品