批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く ちくま新書

北村紗衣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480074256
ISBN 10 : 4480074252
フォーマット
出版社
発行年月
2021年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;18

内容詳細

批評はなによりも、作品を楽しむためにあります。本書では、批評を「精読する」「分析する」「書く」の3つのステップに分けて、そのやり方を解説していきます。チョウのように軽いフットワークで作品を理解し、ハチのように鋭い視点で読み解く方法を身につけましょう。必要なのは、センスではなく調査力と注意深さ。そしていくつかのコツを飲み込めば、誰でも楽しく批評ができます。作品をより深く理解し、たくさんの人とシェアするための、批評の教室へようこそ。

目次 : プロローグ 批評って何をするの?/ 第1章 精読する(精読とは?/ 精読のためにすべきこと/ 精読のためにすべきではないこと)/ 第2章 分析する(批評理論とは?/ タイムラインに起こしてみる/ とりあえず図に描いてみる/ 価値づけする)/ 第3章 書く(書き始める/ 切り口を提示し、分析する/ 書くためのテクニック)/ 第4章 コミュニティをつくる―実践編(『あの夜、マイアミで』/ 『華麗なるギャツビー』)

【著者紹介】
北村紗衣 : 1983年生まれ。武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授。専門はシェイクスピア、舞台芸術史、フェミニスト批評。ウィキペディアンとしても活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    批評とはコミュニケーションである。批評を書く時の覚悟として大事なのは、人に好かれたいという気持ちを捨てること。ある一つの切り口から批評するのに、新見南吉「ごん狐」を「なぜ、うなぎはこんなに美味そうなのかー美食文学としての『ごん狐』」というタイトルで例を挙げていて、唸ります。人の数だけ批評があり、それをゼミで議論する具体例も載せていて、そこでは著者の失敗作を引き合いに出していて好感が持てる。何より「チョウのように読み、ハチのように書く」という副題に惹かれて読みました。批評の楽しさとセンスの良さを感じました。

  • Aマッソそっくりおじさん・寺 さん

    この本、面白かった。批評って楽しい。この読書メーターだって、レビューという批評が楽しいのである。感想(批評)を発表するつもりで読書したり映画を観たり音楽を聴いたり観劇している人は少なくないはずだ。それも込みでの本であり映画であるはずだ。読メでレビューしたおかげでコメントをもらい、そこから新しく教わるものは多い。少なくとも私は、何らかの批評をしたおかげで好んで映画を観るようになったし、読みたい本も増えた。批評は豊かな世界をもたらしてくれた。だからもっと上手く批評できるようになりたい。本書はその座右の書です。

  • ころこ さん

    当たり前といえば当たり前のことが書いてあります。平易なので「批評とは」という問いをこれから考えたい人には良い本だと思います。他方で参照される作品を多くすることで、勘違いされないように平易さとのバランスをとっています。注目したのは第4章「コミュニティをつくる」です。作品を小説や映画などに限らないとすれば、あらゆる行為から読みとり、それを批評することは可能です。作家や文化人と呼ばれる人のツイッターのひどさに呆れている身からすれば、SNSの文章、なかでもリプライの批評性を意識し、自らも肝に銘じていきたいです。

  • フム さん

    小説や映画などの作品を自分なりの視点で分析し、それを上手に文章化して誰かに読んでもらいたい、という人向けの批評方法の入門書。SNSを利用して、読んだ本や映画などについて書いている人は多いし、自分も書くことがあるけれど、批評理論ということについて触れたことが全くなかったので、とても勉強になった。特に第二章の「分析する」では1970年代頃から盛んに行われるようになった、ポストコロニアル批評やフェミニスト批評、クィア批評について、ポジティブな面とネガティブな面との両面から説明されていて、なるほどと思った。

  • きゃれら さん

    読メ登録以来、読んだ本の感想を好きなように書き散らかしてきているけれど、いまいち面白く書けていない。その答えを求めていたので、平積みで見つけて即買い。第一段階の「精読」ができるかどうか、からして壁があるのだけど、感想を批評に変えていくにはどうすべきかが分かった気がする。あと、読メこそが終章で示される「コミュニティ作り」のインフラであり、感謝すべきだなあと思った。リア王、ハムレットは、ちゃんと読み直した方がよさそうだなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品