ザ・ファブル 14 ヤングマガジンkc

南勝久

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065116227
ISBN 10 : 4065116228
フォーマット
出版社
発売日
2018年06月06日
日本
追加情報
:
208p;19

内容詳細

はぐれ極道・小島が散り、怪悪党ウツボの野望がついえた大阪太平市に、束の間の平穏が訪れる…ワケもなく。年越しを目前にしたアキラ&ヨウコの知らない所で、ボスの忠告を無視する謎の幹部・山岡が、真黒組を標的に激ヤバな行動をおっぱじめるのだった…。そんな折、ひょんな事からアキラとヨウコが、自宅の屋上で直接対決するハメに!? 無敵の殺し屋兄妹、超絶ガチスパーリングって、どうゆうこっちゃの第14巻でございます♪

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • グレ さん

    【週刊で読んでるから再読っちゃ再読】扁桃体が狂うてるせいで恐怖を全く感じない山岡と浅からぬ因縁を持つ洋子のお股ば2回も蹴り上げたファブル、全くの子供扱いをしときながらも「ナマったな〜」。痴漢(groper)退治は15巻へ……。

  • 眠る山猫屋 さん

    来年も一緒に(除夜の鐘を)聞きたいなぁ・・・そんな兄妹の会話が滲みる。とても暖かい。イカれたファブル幹部・山岡とのすれ違いが不穏を醸し出し、真黒組の政変も静かに始まっている。組長も若頭もいい人だから、どちらにも生き延びて欲しいが・・・。佐藤兄妹のスパーリングがクロちゃんも交えて行われたが、佐藤くん(仮名)の圧倒的な実力がかいま見えただけ。やっぱり強いんだね、兄さん。

  • 山田太郎 さん

    楽しみなくなるので、我慢しようかと思ったけど、読む。結構こじんまりとした組織と思ったら、大きい感じなのね。組織としても個人にしても底しれない感じで続きが楽しみです。

  • 山田太郎 さん

    うまいこと緩急つけてるというか閑話休題というか。もう1かいくらい再読するかな。まだ夜は蒸し暑くて寝やすくはないなと。もう少し頑張れば3連休です。法事があったりするのでゆっくりできるわけではありません。きついというか疲れとれないジーサンになってると実感するのでなんかいやだなと思いつつ読む。

  • 山田太郎 さん

    感想すぐ入力しないとあれではあるが、なかなか連載もののマンガの感想考えるのもあれだなと思った。続き気になるとか面白くなってきたとか中だるみよかの使い回しになるわたし。ということでまだ感想未入力がたまってます、仕事と一緒で溜めたらだめだなと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

南勝久に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド