吉本隆明全集 26 1991‐1995

吉本隆明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784794971265
ISBN 10 : 4794971265
フォーマット
出版社
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
546p;21

内容詳細

目次 : 1 母型論(母型論/ 連環論 ほか)/ 2(中東の切迫(ニッポンの現在6)/ 中東湾岸戦争私論―理念の戦場はどこにあるのか ほか)/ 3(かわぐちかいじ『沈黙の艦隊』論。/ 黒澤明『夢』『八月の狂詩曲』など。 ほか)/ 4(太宰治を思う/ 対談を終わって ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉本隆明

1924・11・25〜2012・3・16。詩人、批評家。東京生まれ。東京工業大学卒業。1950年代、『固有時との対話』『転位のための十篇』で詩人として出発するかたわら、戦争体験の意味を自らに問い詰め、文学者の戦争責任論・転向論を世に問う。60年安保闘争を経て61年、雑誌「試行」を創刊。詩作、政治論、

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品