BANANA FISH オフィシャルガイドブック REBIRTH 完全版

吉田秋生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091792662
ISBN 10 : 4091792669
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
272p;26

内容詳細

『BANANA FISH』の原作公式ガイド!

アニメ化で話題沸騰、吉田秋生『BANANA FISH』の公式ガイドブックが2001年発行のものに増補した「完全版」として発売です。

・刊行時のA5判から、読みやすく、図版が迫力ある形で楽しめるB5判に拡大。計280P超のボリュームです。

・単行本未収録、連載当時の全105話の扉絵を1枚ずつしっかり楽しめる扉絵ギャラリー(1色ページ)とレアイラストを収録した両面カラーの新規ポスター2枚を増補。

・刊行時の綴じ込みふろく両面ポスター(2001年当時のNY作中登場スポットがわかるマップ&アッシュと英二のカラーイラスト)も復刻収録。

・復刻部分には以下のような充実の記事を収録。
人物解析/キャラ相関図/ストーリー紹介/吉田先生と歴代編集者座談会/完全分析コラム/2001年当時のグッズコレクション/用語辞典

原作ファンも、アニメファンもより深く『BANANA FISH』ワールドを楽しんで頂ける内容です。


※本ガイドブック中には、原作の結末に触れる内容が含まれております。原作未読の方はご注意ください。

【著者紹介】
吉田秋生 : 東京都出身。1977年、別冊少女コミック「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。「吉祥天女」ほかで第29回小学館漫画賞を、「YASHA―夜叉―」で第47回小学館漫画賞を、「海街diary」で第61回小学館漫画賞および2013年マンガ大賞を受賞。現在は月刊flowersにて大活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
新旧のバナナフィッシュが満載で、昔の絵も...

投稿日:2021/02/24 (水)

新旧のバナナフィッシュが満載で、昔の絵も今の絵もどちらも大好きです。扉絵も多いですが、解説もあって、ファンにはたまらない1冊です。また最初から原作が読みたくなります!

simsim さん | 京都府 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小梅 さん

    あ〜また全巻読みたくなっちゃうなぁ。サイズが大きくて満足の一冊です。地図や人物解析も良い❣️

  • 青龍 さん

    オリジナルを持っていないため、こういう復刻は嬉しい。大満足の一冊!扉絵が一挙に掲載されているのは、歓喜の極みです。吉田先生の絵が変化していく様子も興味深いし、今となっては、座談会の内容が懐かしいなあ。「YASHA」も読み返してみようかな。

  • ぐうぐう さん

    『BANANA FISH 公式ガイドブック「REBIRTH」』の復刻版が登場。2001年に刊行されたオリジナル版を持っているけど、この復刻版はB5判で大きく、しかもオリジナル版にはなかった全105話の扉絵が収録されているとなれば、買わねばなるまい。アッシュ&英二のスペシャルポスターとニューヨークMAPも大きくなっているし、復刻完全版特製ポスターまで付いている。全105話の扉絵を眺めていると、『BANANA FISH』が吉田秋生のタッチを大きく変化させた作品であったことに改めて気付かされる。(つづく)

  • もぐら さん

    「作品中おそらく唯一、英二が実質的に役に立った貴重な映像」とか「月龍の性格は月面宙返りにひねりを加えたくらいねじ曲がってはいるが…」とかちょくちょく表現が辛辣で笑った。あと作中にアッシュが犯した犯罪を一つ一つ数えたりしててさらに笑う。殺人罪から電子計算機使用詐欺罪まで犯した罪は合計23状、殺した人数は108人。極悪人や… 個人的にはインタビュー集とか好きだからそれが嬉しかったな〜ブランカが元々女性の設定で、担当とのどういう話し合いで男になったか、とか。ファンには嬉しい1冊です〜

  • 高宮朱雀 さん

    少し前まで深夜に放送していて、作品の名前は小さい頃から知ってるけど、内容は全然知らないという…。 正直、これだけではイマイチ掴めなかったから、いつか本作を読んで見たいと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉田秋生

東京都出身。1977年、別冊少女コミック「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。「吉祥天女」ほかで第29回小学館漫画賞を、「YASHA―夜叉―」で第47回小学館漫画賞を、「海街diary」で第61回小学館漫画賞および2013年マンガ大賞を受賞。現在は月刊flowersにて大活躍中(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

吉田秋生に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品