鬼滅の刃 22 ジャンプコミックス

吾峠呼世晴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088824246
ISBN 10 : 4088824245
フォーマット
出版社
発売日
2020年10月02日
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

夜明けまで一時間以上を残し、無惨の猛攻は一層激しさを増す。残る柱全員で食らいつく鬼殺隊だが、その刃を届かせることはできるのか!? そして、無惨の一撃に倒れた炭治郎は…。各々が死力を尽くし、戦いは極限へ…!!

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最初から最後まで無惨との戦い。ずっとハラ...

投稿日:2021/07/30 (金)

最初から最後まで無惨との戦い。ずっとハラハラしたまま読んでいました。禰豆子の回想?フラッシュバック?が本当に泣ける。

miso さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
やっぱり無惨様強すぎ。適当に戦っていくだ...

投稿日:2021/07/28 (水)

やっぱり無惨様強すぎ。適当に戦っていくだけで味方の最強キャラたちがことごとく瀕死になっていく悪夢のパワーバランス。しかも、不利になったら逃げるのに躊躇しないとか最悪だ。

hhi さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ジャンプで毎週ハラハラしながら見守ってま...

投稿日:2021/07/10 (土)

ジャンプで毎週ハラハラしながら見守ってました!! どうなるんだろう?といろんな展開にほんとに、ハラハラしました。表紙の無惨がこれまたカッコ良いですね!!

めろちゃん さん | 京都府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    前巻から続く、凄まじい総力戦にして消耗戦。ひたすらバトルで味方ばかりが傷つき倒れていくので、読んでいる方としてもジリジリと何かが削られるような気持ちになる。しかし完全に無敵に思えた無惨がついに追い込まれ始めた。一人一人がほんの少しでも繋いだことはけっして無駄ではなかったようだ。しかし、このまま勢いに乗って大勝利とはいくまい。一方で禰豆子に起こった変化もたいへん気になる。とにかく「鬼滅の刃」という作品の、最終盤にしてクライマックスを味わっているんだという想いがひしひしと。次巻で完結なのか。早くも待ち遠しい。

  • ずっか さん

    2ページ目でもう泣きそうに(ToT)思わず読みながら「ああっ」とか「うぅ〜」とか声がもれてしまう。頑張れー!みんな、頑張れー!!

  • garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠 さん

    愈々頂上決戦‼️最後に笑うのはどっちだ。勿論柱を要する鬼殺隊が、勝つのは分かり易い展開だけに、その物語の展開が気になりました。

  • 五右衛門 さん

    読了。終盤戦の大詰め。死力を尽くしての戦いの中、薬が徐々に効き始めて何やら行けそうな感じ。しかも二の矢、三の矢、からの四の矢まで仕込んであるとは。まだまだ油断できない。

  • 竹城 俊之介 さん

    鬼滅の大きな魅力は、人・鬼問わず「過去の哀しみの描き方」が深く心に響くことと「繋がり・縁の描き方」だと思います。 「繋がり・縁の描き方」が、伏線の出し方と回収で丁寧に描かれる。 この巻でも色んな伏線が回収されますが、唯一、無惨を追い詰めた縁壱さんから、色々な想いや技術が今この戦いに繋がってる。鬼滅隊に受け継がれた呼吸、竈門家に受け継がれたヒノカミ神楽。 圧倒的な怪物無惨を倒すのに、いろんなキャラが命と想いをかけている。珠世さんの言葉も印象深い。 伏線回収が想いの回収になっている。本当に魅力的な物語です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吾峠呼世晴

『週刊少年ジャンプ』2016年11号より『鬼滅の刃』を連載開始。魅力的なキャラクターとストーリーで、幅広い読者層から支持を受けている

プロフィール詳細へ

吾峠呼世晴に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド