チケット受付中

吾峠呼世晴 レビュー一覧 7ページ目

吾峠呼世晴 | レビュー一覧 | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!吾峠呼世晴に関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!吾峠呼世晴ならHMV&BOOKS online!!

商品ユーザーレビュー

152件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 原作は終了してしまったけれども、これで2022年も...

    投稿日:2021/07/02

    原作は終了してしまったけれども、これで2022年も彼らの活躍を思い浮かべながら一緒に1年を過ごせます!

    sora さん

    1
  • イラスト集の描き下ろしイラストをふんだんに使用して...

    投稿日:2021/07/01

    イラスト集の描き下ろしイラストをふんだんに使用しているとのことで原作柄カレンダーを毎年楽しみにしているひとりとしては期待が膨らみます。原作は終了してしまったけれど、カレンダーとして美麗イラストを2022年も眺めることができて嬉しいです。

    sora さん

    0
  • 表紙と裏表紙の炭治郎くんと禰豆子ちゃんが素敵でひた...

    投稿日:2021/07/01

    表紙と裏表紙の炭治郎くんと禰豆子ちゃんが素敵でひたすら綺麗と可愛いが詰め込まれた一冊です。原作ファンにとっては描き下ろしイラストが嬉しすぎて感動しました。原作を読んでからぜひ手にとっていただきたい素晴らしい画集です!

    sora さん

    0
  • 描き下ろし漫画がとても良かったです。書かれている情...

    投稿日:2021/07/01

    描き下ろし漫画がとても良かったです。書かれている情報が多いので読むのに少し時間がかかりますが、かなりの満足感を得られる充実した一冊です。鬼滅の刃という作品を好きになって本当に良かったと思います。

    sora さん

    0
  • 表紙の如く無惨に始まり、無惨との攻防に終わる巻。炭...

    投稿日:2021/07/01

    表紙の如く無惨に始まり、無惨との攻防に終わる巻。炭治郎も柱も死闘の中で、自らの力の限界を思い知らされても、仲間を思い、助け、助けられ、各々「今自分にできる事を精一杯やる」として、団結力で利己的な鬼と戦う。鬼と人が、見た目も言葉も、善悪が逆のように感じる巧妙に正当化した鬼の言い分もあり。禰豆子の変化や、蛇柱の過去や、日の呼吸十三個めの型も明らかになり、この巻は、最終巻までに必須だが、読了後、実際には読んだだけで戦ってない自分も軽く疲労しているという、恐るべき物語力!

    ハリー さん

    0
  • 善逸初の活躍。めちゃくちゃうるさいギャグキャラなの...

    投稿日:2021/07/01

    善逸初の活躍。めちゃくちゃうるさいギャグキャラなのに戦闘になると めちゃくちゃ強いのがギャップがあって人気なのでしょうか。 アニメだとより一層うるさいです。猪も登場時は「なんだこいつ…」と なりますが後になるほど好きになります。読み進めるのが楽しいです。

    miso さん

    0
  • 歴史的にヒットした映画の原作のコミックです。 これ...

    投稿日:2021/06/29

    歴史的にヒットした映画の原作のコミックです。 これを読むと映画の名シーンが蘇ります。煉獄さんに、とても感動しました。

    みつ さん

    0
  • カバーの、そで部分の吾峠先生のコメントから胸に響きました...

    投稿日:2021/06/29

    カバーの、そで部分の吾峠先生のコメントから胸に響きました。本編は上弦の壱との決着、それぞれの兄弟の絆と、いよいよ鬼の始祖との戦いへ。柱も隊士も全総力をあげてで、手に汗にぎる巻。そのさなか、表紙の珠世と愈史郎の決死の協力と、主人公、炭治郎は危機の中、サブタイトル「古の記憶」として、「始まりの呼吸の剣士」の受け継げなかった13番目の日の呼吸の型が描かれる?!戦国コソコソ話も含めて、困難にぶつかっても立ち向かい、傷ついても生きていく人への優しさを描かれていて、自然と涙があふれてくる巻でした。

    ハリー さん

    0
  • 表紙の「最初の呼吸の剣士」との物語も描かれた巻。カ...

    投稿日:2021/06/29

    表紙の「最初の呼吸の剣士」との物語も描かれた巻。カバーを外した本体の表紙の兄弟の可愛いイラストが穏やかな、こうでありたかった希望の日常のようで、読了後に見ると、より切なく感じる。表紙が気になり過ぎて途中からコミックを読んだので、いきなりのバトルシーンに衝撃。霞柱や玄弥君が、おぉっという展開。「弱者の可能性」の章に、心に響く言葉もあった。上弦の壱との戦いは、柱3人いても大変だが、鬼の回想シーンが人としても身につまされた。色々書きたいのですが、百聞一見に如かずで、是非ご一読を。

    ハリー さん

    0
  • 無限列車編の映画を観たら、入場特典で配布されたとい...

    投稿日:2021/06/27

    無限列車編の映画を観たら、入場特典で配布されたという煉獄零話が読みたくなり、こちらに収録と知り購入。煉獄さんの柱になる前の初任務記録。短い物語ながら、心に響く名言アリ。いつも強気で明るいイメージのあった彼がうつむき加減の表紙で、ページをめくると、心折れそうな父の言葉。列車内で弁当を「うまい!」とハキハキ言う彼も嫌いじゃないが、上弦の鬼が出てくる頃のカッコイイ奥深い煉獄さんらしい雰囲気があって益々ファン度が上がりました。 他にも、各キャラクター紹介や「柱どうしが互いをどのように感じてるか」や各呼吸の切られ心地を地獄での鬼への取材等、発想も面白くてサイコーでした。コミック本編をきちんと読む前に読んでしまったが、冒頭のカラー絵草紙(鬼滅奇譚百景)で内容を知り、その後の話も載っていて、コミック本編をもっと読みたくなりました。ゲームは自分には難しいので、厚紙でカラーの綺麗な札は本のままにしておきます。

    ハリー さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%