うりこひめとあまんじゃく

堀尾青史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784776409670
ISBN 10 : 4776409674
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;27

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ☆よいこ さん

    絵本。1976年フレーベル館発行の復刊版。うりからうまれた瓜子姫は留守番中にあまんじゃくに騙され、さらわれてしまう▽「こんぶりこんぶり、うりがながれてきた」「ぴこぴこたべて、すっこすっことおおきくなる」「きちんこたんのきんぎりや、くだぁはなくともなぁなひろ」独特のオノマトペが面白い。読み聞かせ8分

  • ななつ さん

    きちんこたんのきんぎりや くだぁはなくともなぁなひろ どっとはらい

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    瓜から生まれたうりこひめがもてはやされる一方で、性悪のあまんじゃくの描かれ方のこずるさが目を引きます。 リズミカルで味わいのある語り口調で、テンポよく展開するお話が気持ちいいのですが、ちょっとあまんじゃくの描かれ片が可哀想にも思えました。 赤羽末吉さんの絵は個性的です。

  • 雨巫女。 さん

    《本屋》うりこひめって、気丈な人だったんだね。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    堀尾青史さんと赤羽末吉さんのコンビに、てっきり紙芝居だと思いました。うりこひめの嫁入りに、いたずら好きなあまんじゃくがなりすまそうとする昔話です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品