オオカミ県

多和田葉子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784846019723
ISBN 10 : 4846019721
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40p;26

内容詳細

都会の白兎は何を食って生きているのか―。不思議さ、可笑しさ、不気味さをはらむ物語を美しく細密な銅版画絵で彩るアート絵本です。10代から大人まで楽しめます。

【著者紹介】
多和田葉子 : 小説家、詩人、戯曲家。1960年東京都生まれ。1982年よりドイツ在住。日本語とドイツ語で作品を発表。「かかとを失くして」で群像新人文学賞、「犬婿入り」で芥川賞、ドイツでゲーテ・メダル、クライスト賞を受賞。著書に『容疑者の夜行列車』(谷崎賞)『雪の練習生』(野間文芸賞)『献灯使』(全米図書賞翻訳部門)『地球にちりばめられて』『星に仄めかされて』ほか多数

溝上幾久子 : 銅版画家。1965年千葉県生まれ。1990年から銅版画を中心とした作品を制作発表しつづけている。書籍、新聞、雑誌のための装画、挿絵など多数。プライベートプレス「幾文堂」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
”今”を痛烈に写しだしているような世界が...

投稿日:2021/06/12 (土)

”今”を痛烈に写しだしているような世界が描かれている。東京で真っ白な兎のフリをしている生き物に、「風の噂」という、嘘と本当をまぜたウェッブサイトのニュース。多和田葉子さんの描く世界と、溝上幾久子さんの美しい銅板画がマッチしていて素敵な絵本です。子どもも大人も楽しめます。

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    芥川賞作家、多和田 葉子の絵本初読です。オオカミが何のメタファーなのか良く解りませんが、美しく細密な銅版画絵と相まって、アーティステックで独特な世界観を醸し出しています🐺🐺🐺 https://rakuten.tameshiyo.me/9784846019723?page=9

  • ぶち さん

    読友さんのレビューに魅かれて手に取りました。 オオカミ県出身の主人公はネットの噂に田舎者だという悪口を見つけ、"東京"へ出てきました。でもそこは、白兎のような顔をして歩く上品ぶった奴らばかりの地だったのです。見栄っ張りで拝金主義で上品ぶって、肩書や物欲に支配された白兎たち。人種差別、格差、フェイクな情報が溢れるネット社会、政府の暴走.....そんな"東京"の描写がコロナ禍に上手く対処できないでいる現実の政府や官僚を彷彿とさせます。みんなで完熟バナナをぶしゅっとぶつけようぜ!

  • KAZOO さん

    多和田葉子さんが童話のような風刺的な物語を語っていますがそれにこの銅版画がよくあっています。色合いも楽しく印象に残ります。オオカミ県のオオカミと都会のウサギたちが今のコロナ下の現状をよく表していると感じました。大人向きの考えさせる絵本です。

  • アキ さん

    多和田葉子のメタファー溢れる文章に、溝上幾久子のシュールな銅版画がマッチした大人な絵本。オオカミと大きな神。オオカミ県と東京。インターネットと兎の書きこみ。東京の「兎」とオオカミ。オオカミの糞とコーヒー。オオカミカフェとバー肉食亭。狐と兎の毛皮とバナナ爆弾の工場。あらゆるメタファー。「オオカミは人を襲う凶暴な動物だと思い込んでいる人がいるようだが、それは違う。オオカミが人を襲うことなどありえない。人に襲われた時に抵抗するだけだ」今の日本に向けた絵本。「ぶじゅっとオオカミになろうぜ」は著者からのメッセージ。

  • 寂しがり屋の狼さん さん

    図書館にてタイトルひかれて…『オオカミ』だからね(笑)不思議なお話し🌜️銅版画の挿絵が繊細で素敵です(*^-^*)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

多和田葉子

1960年東京生まれ。1982年にハンブルグに移住、2006年よりベルリン在住。『かかとを失くして』で群像新人文学賞、『犬婿入り』で芥川賞、『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花文学賞、『球形時間』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、『容疑者の夜行列車』で伊藤整文学賞・谷崎潤一郎賞、『尼僧とキューピッドの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品