母六夜・おじさんの話 21世紀版少年少女日本文学館

大岡昇平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062826679
ISBN 10 : 4062826674
フォーマット
出版社
発行年月
2009年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,279p

内容詳細

文豪たちの香り高い文章を味わえる明治の傑作短編を収録した、児童向け日本文学全集の決定版。本巻には、母への思慕を夢や幻想を交えて語った、大岡昇平の「母六夜」、中野重治の「おじさんの話」など10編を収録。

【著者紹介】
大岡昇平 : 1909年3月6日、東京市牛込区(現新宿区)新小川町に生まれる。1919年雑誌『赤い鳥』に童謡を投稿、入選掲載される。1929年京都帝国大学文学部文学科に入学。仏文を専攻。中原中也、河上徹太郎らと同人誌『白痴群』を創刊。1948年『俘虜記』を創元社より刊行。翌年、同書により横光利一賞を受賞。1952年『野火』を創元社より刊行、読売文学賞を受賞。1961年『花影』を中央公論社より刊行、毎日出版文化賞、新潮社文学賞を受賞。1972年『レイテ戦記』により毎日芸術賞を受賞。1974年『中原中也』を角川書店より刊行、野間文芸賞を受賞。1976年『大岡昇平全集』(全十五巻、中央公論社刊)により朝日文化賞を受賞。1978年『事件』により日本推理作家協会賞を受賞。1988年12月25日、脳こうそくにより死去

梅崎春生 : 1915年2月15日、福岡市簀子町に生まれる。1936年東京帝国大学文学部国文科に入学。1939年「風宴」を雑誌『早稲田文学』に発表。1955年「ボロ家の春秋」により直木賞を、「砂時計」により新潮社文学賞を受賞。1963年『狂い凧』を講談社より刊行。翌年、芸術選奨文部大臣賞を受賞。1965年7月19日、肝硬変悪化により死去。『幻化』が新潮社より刊行され、毎日出版文化賞が遺贈される

伊藤整 : 1905年1月16日、北海道松前郡に生まれる。1946年「風」を雑誌『評論』に発表。1950年『チャタレイ夫人の恋人』を小山書店より翻訳刊行。猥褻文書の疑いで押収、起訴される(52年に無罪判決)。1963年「日本文壇史」により菊池寛賞を受賞。1966年多年の業績により日本芸術院賞を受賞。1969年11月15日、癌性腹膜炎により死去。1970年『変容』により日本文学大賞を受賞

中野重治 : 1902年1月25日、福井県坂井郡高椋村(現丸岡町)に生まれる。1924年東京帝国大学文学部独逸文学科入学。1926年室生犀星のもとに集まった堀辰雄らと『驢馬』を創刊。1928年全日本無産者芸術連盟を結成。常任中央委員となる。1935年『中野重治詩集』をナウカ社より刊行。1945年新日本文学会を創立、中央委員に選ばれる。1954年『むらぎも』を講談社より刊行。翌年、毎日出版文化賞を受賞。1959年『梨の花』を新潮社より刊行。翌年、読売文学賞受賞。1969年『甲乙丙丁』(上・下巻)を講談社より刊行。野間文芸賞を受賞。1978年「小説、詩、評論など多年にわたる文学上の業績」により朝日賞を受賞。1979年8月24日、胆嚢癌により死去

佐多稲子 : 1904年6月1日、長崎市八百屋町に生まれる。本名はイネ。1924年働いていたカフェ「紅緑」で、『驢馬』同人の中野重治、窪川鶴次郎、堀辰雄らと知り合う。のちに窪川と結婚(45年に離婚)。1929年日本プロレタリア作家同盟に所属。1930年『キャラメル工場から』を戦旗社より刊行。1946年婦人民主クラブ結成、以後、婦人の権利拡大に尽力。1963年『女の宿』で女流文学賞を受賞。1972年『樹影』を講談社より刊行、野間文芸賞を受賞。1985年『月の宴』を講談社より刊行。翌年、読売文学賞受賞。1998年10月12日、敗血症のため死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 訪問者 さん

    この巻もすべての話が初読。大岡昇平「焚火」を除いて、すべて戦前の話。失われた風景がそこにはあるのだが、一方で昔の日本は本当に貧しかったのだと思い知らされる。この豊かな日本がいつまでも続いて行けば良いのだが。

  • たつや さん

    5人の短篇を集めたアンソロジー。児童書ですが、古い時代の小説は味がある。初読みの作家ばかりなので、開拓出来た気分。梅崎春生が好みでした。

  • がんぞ さん

    大岡昇平の書く母の話は理智的すぎて気持ち悪い。まるで事実婚時代のフランスだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大岡昇平

明治42年(1909)東京牛込に生まれる。成城高校を経て京大文学部仏文科に入学。成城時代、東大生の小林秀雄にフランス語の個人指導を受け、中原中也、河上徹太郎らを知る。昭和7年京大卒業後、スタンダールの翻訳、文芸批評を試みる。昭和19年3月召集の後、フィリピン、ミンドロ島に派遣され、20年1月米軍の俘

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品