ぶらりユーラシア 列車を乗り継ぎ大陸横断、72歳ひとり旅

大木茂

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784768459027
ISBN 10 : 4768459021
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
525p;21

内容詳細

ユーラシアの人と暮らしと文明紀行。ルーズな列車運行、回りくどい値段交渉、手荷物の盗難、思わぬことが次々と…。でも、面白かった!写真家が書き、撮り、送る、地名と日付のある旅日誌。

目次 : サハリン経由、ロシア極東の港町まで/ 中国国境を越えてハルビンへ/ 西域のウルムチまで中国を横断/ カザフスタン、そしてウズベキスタンへ/ 寄り道をして、タジキスタンの旅/ トルクメニスタンを抜けてイランに入国/ とても居心地のよいイラン/ 宝物のような二つの都市/ 試練をくぐり抜け、イスタンブールに到着/ 厳しい現実を見るバルカン半島の旅〔ほか〕

【著者紹介】
大木茂 : 1947(昭和22)年、東京生まれ。1972年、早稲田大学理工学部卒業。学生時代に汽車を追いかけて写真を撮り歩くうちに、旅と見知らぬ人々との出会いが面白くなり、写真撮影を生業とする。多くの方々に助けていただき、無事に今日に至る。一般誌のほか、鉄道、自動車、旅雑誌等の専門誌の取材を経験。映画のスティル写真も担当し幅広いジャンルで撮影。現在は、1、2年に一度、映画のスティル写真の仕事をするだけで、半ば引退状態(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Eddie さん

    写真も多くて各所の雰囲気がしっかり伝わってきました。 個人的にはウィグルから中央アジアの国々が特に楽しめました。 こういう旅ができる時が早く戻ってほしいですねぇ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品