イベルメクチン 新型コロナ治療の救世主になり得るのか 河出新書

大村智

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309631424
ISBN 10 : 4309631428
フォーマット
出版社
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
大村智 ,  
追加情報
:
272p;18

内容詳細

目次 : 第1章 古くて新しいイベルメクチン物語(米国への留学/ メルク社と共同研究契約を結ぶ ほか)/ 第2章 新型コロナの発生とイベルメクチン(新型コロナの発生とWHOの対応/ 新型コロナ治療薬とワクチンの開発)/ 第3章 イベルメクチン論争の虚実(その後の各国の動き/ イベルメクチン適応拡大への否定的動き ほか)/ 第4章 イベルメクチンはなぜ新型コロナに効くのか―イベルメクチンの作用機序と臨床(臨床報告1―イベルメクチンへの期待〜自宅/ホテル療養者に対する治療について/ 臨床報告2 ほか)/ 第5章 イベルメクチンの未来図(五輪開会時の日本はどうだったか/ インドにおけるイベルメクチン ほか)

【著者紹介】
大村智 : 1935年、山梨県韮崎市生まれ。薬学博士・理学博士。山梨大学学芸学部自然科学科卒。58年、都立墨田工業高校教諭。63年、教員として勤務の傍ら東京理科大学理学研究科修士課程修了、山梨大学助手。68年、北里大学薬学部助教授、71年、米ウェズリアン大学客員教授、75年、北里大学薬学部教授を経て、90年、(社)北里研究所理事・所長。現在、北里大学特別栄誉教授、東京理科大学特別栄誉博士、山梨大学特別栄誉博士。微生物が生み出す有用な天然有機化合物の探索研究を行い、これまでに520種を超える新規化合物を発見。「線中感染症の新しい治療法の発見」により、2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミライ さん

    新型コロナ治療・予防薬として期待されているイベルメクチンについて、開発者の大村智先生自らが解説した一冊(執筆者は大村先生含め全9名)。イベルメクチンの概要〜新型コロナに期待される効果〜賛成派・反対派のイベルメクチン論争までが多くの研究・論文を基に解説される。学術書なので難かしい医学用語が多く使われて理解困難な部分もありつつ、イベルメクチンは新型コロナに効くのかどうかのメカニズムの説明部分は図解があってわかりやすかった。

  • カブトムシIF さん

    私は、フランスのノーベル賞学者の先生が、ワクチンの効果を疑問視して、「受け入れがたい過ち」と言っているのをネットでみた。そして、日本のノーベル賞学者の大村智先生のイベルメクチンの効果をやはりネットで知って、新型コロナ治療の救世主になって欲しいと思っている。(2021年12月29日)モンターニュ博士は、ワクチンの世界的権威で、1983年にHIV(エイズウィルス)を発見しノーベル賞を受賞した。「ワクチンが変異株を生み出しているのだ」と述べ、ワクチン接種は、「とんでもないこと」という。イベルメクチンがいいのだ。

  • aki さん

    めちゃめちゃおもしろい。今年読んだ本のなかで一番かも。寄生虫駆除薬、疥癬治療薬として知られているイベルメクチンが新型コロナにも有効であることを改めて示した本。第何波だったか、インドで劇的に感染者数が減少したことがあり、その際、イベルメクチンを治療に使っているという話を聞いて興味を持った。素人考えでは価格も安いし、もっと臨床現場で積極的に使ってはどうかと思うものの、例によって、いろいろな勢力が、いろいろな動きをしており、治験すら簡単ではない。患者優先で動いてほしいなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品