ミレニアル世代事業戦略 なぜ、これまでのマーケティングはうまくいかなかったのか?

大石芳裕

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784561622369
ISBN 10 : 4561622365
フォーマット
出版社
発行年月
2020年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
244p;19

内容詳細

ポストコロナに求められるマーケティングイノベーションを独自の分析と12の事例で指南。

目次 : 序章 なぜ今ミレニアル世代が注目されるのか?/ 第1章 米国ミレニアル世代のセグメンテーション/ 第2章 ミレニアル世代の共通性と特異性/ 第3章 新しく生まれたモノ/コト/文化/ビジネス/ 第4章 米国企業のミレニアル世代への取り組み/ 第5章 日本企業のミレニアル世代への取り組み

【著者紹介】
大石芳裕 : 明治大学経営学部教授。専門:グローバル・マーケティング

藤原栄子 : Kowledge Index Corporation。略歴:出版社勤務後に渡米。20年以上にわたり、食品、化粧品メーカーやスーパーマーケットなどの流通業界を中心に、日本企業の米国進出、事業拡大にかかわるコンサルティング、プロジェクトリーダーとして企画・開発・マネージメントに従事。得意分野は顧客接点を活かしたマーケティング・コミュニケーション戦略&体験共有型マーケティングや、ショッパーマーケティングで、米国企業との幅広いネットワークも強みとしている。『販促会議』では米国マーケティングをテーマに連載担当(2014〜2015年)、市場や業界の現状と将来の動向などに関する執筆、講演活動も積極的に行う。ニューヨーク在住

高橋康平 : 株式会社ドゥ・ハウス。略歴:ポジティブポイントから、顧客にとっての最善なメソッド構築に貢献することで、新たな視点を顧客に提供している。また、社内の新規事業企画、システム構築・運営、新規拠点の立ち上げ、情報誌の編集長、飲食店事業立ち上げ、海外案件まで広く対応

浜悠子 : 株式会社ドゥ・ハウス。略歴:ドゥ・ハウス入社後、自社モニター組織の管理・運営、研修等を担当。その後人事部にて労務・採用・研修業務、制度企画等を行いながら、ドゥ・ハウスの強みである定性調査領域において、定性情報処理技術の整備とサービスリニューアルを担当。定性情報を活用したアイデア発想セミナーやワークショツプを社内外で多数開催し講師を担当。近年は海外留学生向けの学習プログラムも手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぬらりひょん さん

    「米国のミレニアル世代は日本のミレニアル世代よりもダイバーシティに対する理解度や環境意識、健康意識、社会問題意識、コト消費思考などがよりはっきりしている」らしい。ちょうどミレニアル世代にあたる子どもと話していても、我々世代より、ずっとしっかりした考えを持っているなぁと感じていた。米国はミレニアル世代の人口が日本よりはるかに多いこともあって、それがより顕著なのかも。それに合わせたビジネスがどんどん生まれてる。やっぱりアメリカはダイナミックだねぇ〜。

  • Go Extreme さん

    eコマース・TW・電子決済の進展 グローパル・マーケティング主要課題:世界標準化・世界最適化 最大のマーケットとなったミレニアル世代:一番利益を生む世代 オールドミレニアル世代:ロスト・ジェネレーション、負のスパイラルに巻き込まれ ヤングミレニアル世代 ミレニアル・リッチ=HENRY 究極の合理主義・品質重視・経験価値重視 プレ・ミレニアル世代:現実的楽観主義⇒家族と健康第一主義 シェアリングエコノミー・共有経済 Foodie・食へのこだわり サブスクリプションボックス

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品