もりのひなまつり こどものとも傑作集

小出保子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834016543
ISBN 10 : 4834016544
フォーマット
出版社
発行年月
2000年02月
日本
追加情報
:
20×27cm,31p

内容詳細

ねずみたちに頼まれて森にでかけたお雛さまは、そこで楽しい1日を過ごす。ところが帰り道、雪が降りはじめ、家に戻ったところ…。幼児向。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おくちゃん❄柳緑花紅 さん

    のねずみこどもかいから、一生のお願いでチュ!おひなさまを森へつれてきてください。とのお手紙を蔵に住むねずみばあちゃんが受け取る。持ってきてくれたのは、やまばと郵便屋さん。蔵の中のお雛様が入っている箱から「まいりましょう」の声。森のひな祭りの始まりです。笛や太鼓歌を歌い踊り出す甘酒を飲んでうきうき気分。のねずみ達と楽しい雛祭り、しかし家に帰り着いたお雛様は髪も顔も着物も汚れてボロボロ。ここでねずみばあちゃん大活躍!綺麗になったお雛様は、座敷に飾られすまし顔。笑って泣いた雛祭りもいいねってヒソヒソ話しているの

  • Kawai Hideki さん

    お雛様御一行が、「のねずみこどもかい」という、謎の秘密結社に拉致監禁されるお話。監禁先では、飲めや歌えの大騒ぎ。野ネズミの子供達の成長と、動物たちの幸せを祈る舞が奉納される。呑んだくれたお雛様御一行は無事に家に帰り着くが、ひどく汚れてしまって、廃棄の危機に。そこを家ネズミのおばあさんがフォローしてくれ、着物を繕い直し、お化粧もやり直して、無事に家のひな祭りを迎えられた、というお話。

  • 山田太郎 さん

    動物とひなまつりで気に入るかと思ったが、なんか絵がいやだといわれ却下されました。

  • ナヲ さん

    お雛様との楽しいひとときが素敵に描かれています。泣いたり笑ったりくるくる表情の変わるお雛様が魅力的。絵も優しくて素敵。

  • 雨巫女。 さん

    《書店》【再読】雛祭りの道中が、素敵でしたね。お雛様も森のみんなも楽しそうでしたね。お雛様が、あんな姿になって心配しましたが、見事なビフォーアフターでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品