のばら 平和かみしばい

小川未明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494078646
ISBN 10 : 4494078646
フォーマット
出版社
発行年月
2005年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27×39cm,12場面

内容詳細

国境をそれぞれ守っている老兵と新兵は、野ばらの花を通じて仲良しになった。やがて戦争が起こり、二人は敵同士に変わる。若者は前線へ向かい、老人は悲しみの中で戦争を憎む。作者のヒューマニズムが伝わる紙芝居。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紅花 さん

    戦争と平和を考える本。たった二人の兵士の物語。決して戦争の場面があるわけでは無く、物語は静かにすすんでいく。柔らかく、優しく、広く、響き渡る。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    山の上の国境で、老兵と若い兵隊はお互いを知り合い、親しくなり、平和の有難さを痛感したはずでした。 戦争とは、そんな人の心の関わりを絶つものだということを突き詰められました。 老兵と若い兵隊が敵味方となって戦わなかったことが、せめてもの救いでしょうか。 一人残された老兵の悲しみがしみ込んできました。 たんたんとした紙芝居なので、演じ方は難しそうです。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    両親相手に演じました。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    カフェの読み聞かせイベントで演じました。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    おもちゃ図書館で演じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小川未明

明治15年(1882年)新潟県生まれ。「日本のアンデルセン」と呼ばれる。早稲田大学英文科在学中に坪内逍遥やラフカディオ・ハーンの指導を受け、小説や童話を書く。1961年死去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品