宵越し猫語り 書き下ろし時代小説集 招き猫文庫

小松エメル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592831266
ISBN 10 : 4592831268
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
252p;15

内容詳細

お伊勢参りを果たした猫の話をめぐって二人の娘がしたある賭けとは?「旅猫」。深川の口入屋の気丈な女主人の元に、刃傷沙汰で死んだ夫が猫に乗り移って現れた?「風来屋の猫」。猫の目の動きから時間を計る研究に没頭する男の思わぬ活躍?「猫の目時計」。ほか江戸を舞台に猫にまつわる話を気鋭の女性作家5名がつむいだ珠玉の短編集。

【著者紹介】
小松エメル : 1984年、東京都生まれ。『一鬼夜行』でジャイブ小説大賞を受賞し、2010年、作家デビュー

近藤史恵 : 大阪府生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。1993年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞

佐々木禎子 : 北海道生まれ。1992年、雑誌『JUNE』掲載「野菜畑で会うならば」が人気を博し、デビュー

宮本紀子 : 京都府生まれ。市史編纂室勤務などを経たのち、作家をこころざし、シナリオ学校や小説学校で学ぶ。2012年、『雨宿り』で第6回小説宝石新人賞を受賞し、デビュー

森川成美 : 1957年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業。第18回小川未明文学賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とし さん

    宵越し猫語り 。全て初読み作家さんの短編時代小説集、「両国橋物語」が良かったですね。

  • hirune さん

    表紙の絵が可愛すぎて買ってきてしまいました。だってだってみかんがいるんだもの!それぞれ不思議だったり、切なかったり、すっきりハッピーエンドのお話しだったり、面白いアンソロジーでした。「両国橋物語」読みでがあって好きでした。「こねきねま」ワクワクしました。「旅猫」さすが近藤史恵さん、時代小説でもやっぱりミステリーするのですね☆

  • Norico さん

    猫にまつわる時代小説。お天道様と猫と猫の目を覗く人間の機嫌が良くないと時間が測れない『猫の目時計』がかわいい。他の作品も切なくてちょっとやるせなくて暖かい猫を抱きながら読みたくなる一冊です

  • み さん

    さくさくと♪小松さんと佐々木さんと近藤さんのお名前から手に。佐々木さんの脱力系の猫時計が一番好みでした。

  • たち さん

    猫に纏わるアンソロジーです。5編のうち、宮本紀子さんの「両国橋物語」と近藤史恵さんの「旅猫」が良かったです。猫、猫と言っていますが、ほんの少しばかりしか、出てこない話もあります。まぁ、猫って本来そんなもんかもしれませんけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品