生物はなぜ死ぬのか 講談社現代新書

小林武彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065232170
ISBN 10 : 4065232171
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
217p;18

内容詳細

死生観が一変する現代人のための生物学入門!遺伝子に組み込まれた「死のプログラム」とは?

目次 : 第1章 そもそも生物はなぜ誕生したのか(天文学者になればよかった/ 「この世の始まり」を見る方法 ほか)/ 第2章 そもそも生物はなぜ絶滅するのか(「変化と選択」/ DNAとRNA、似たもの同士が存在する理由 ほか)/ 第3章 そもそも生物はどのように死ぬのか(食べられて死ぬという死に方/ 食べられないように進化した生き物 ほか)/ 第4章 そもそもヒトはどのように死ぬのか(2500年前まではヒトの寿命は15歳だった/ ヒトの最大寿命は115歳!? ほか)/ 第5章 そもそも生物はなぜ死ぬのか(死はヒトだけの感覚/ 多様性のために死ぬということ ほか)

【著者紹介】
小林武彦 : 1963年生まれ。神奈川県出身。九州大学大学院修了(理学博士)。基礎生物学研究所、米国ロシュ分子生物学研究所、米国国立衛生研究所、国立遺伝学研究所を経て、東京大学定量生命科学研究所教授。前日本遺伝学会会長。現在、生科学学会連合の代表も務める。生命の連続性を支えるゲノムの再生(若返り)機構を解き明かすべく日夜研究に励む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • absinthe さん

    生物はいつか死ぬことを前提に設計されていた。生物学の色々な成果や面白い小話をまとめた。宇宙関連の話題や最近のAIにも話が及ぶ。この手の本を何冊も読んでる人は、またあの話かと思う話題も少なくないが、そんな人も幾つかは初めて聞く話だろう。小5の娘に読ませたら、とても読みやすくて面白かったと言ってくれた。

  • trazom さん

    本書を読んで、ジョブズ氏の"Death is very likely the single best invention of life"という言葉を思い出した。著者は、生き物が死ぬのは「多様性」のためだという。遺伝子の変化によって多様な「試作品」を生み出し、死は生命の連続性を維持する原動力となる。しかも、通常は細胞老化するのに、生殖細胞だけはテロメアが短くならない。だから「進化」が可能になったんだというのが凄い。特に目新しい情報はないが、生物・社会の両面から、死を前向きに捉えたユニークな一冊だと思う。

  • bura さん

    生物学からの視点で考察された一冊。人が死ぬ理由は「老化」である。体細胞レベルの機能低下が様々な組織の働きを悪くし「老いた」状態を作り出し、死に追いやる。そして人は肉体的には他の動物と変わらないのだが感情が豊かであるが故に死をより強く受け取り、怖がる気持ちが強くなる、という件がある。なるほどなあ、と納得。 「三体」と同時にチラチラ読んでいたので、本書のリアルが希薄になった感がありました。あ、キリ番だ。450冊目でした。

  • ミライ さん

    「生物はなぜ死ぬのか?」といった根源的な問いに生物学的に答えた話題本。生物の誕生から、生物が絶滅する意味、様々な生き物の死にざまをとおして「死」について語られる。内容は難しい部分も多いが、アンチエイジングまわりの話だったり、「宇宙人はいるのか?」などなど、コラム的なおもしろ話も差し込まれているので、飽きずに最後まで読むことが出来た。読むと死生観が変わる人もいると思う。

  • なっぱaaua さん

    凄く分かり易かった。人が生物が死ぬのは生き残り戦略であり進化の為であるのか。遺伝子に死のプログラムがあるとか老化研究のエースは酵母であるとか2500年前のヒトの寿命は15歳だったとか少なめの食事は健康に良いのは本当だったとか、改めて参考になった。ハダカデバネズミの様に長生きしてピンピンコロリが理想なんだけど、公衆衛生が良くなって寿命を延ばしてしまったから病気になるリスクは高まってしまったのはある意味必然か。まぁ、いずれ死ぬのなら楽しい人生を送りたいな。〜続く〜

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林武彦

1963年生まれ。神奈川県出身。九州大学大学院修了(理学博士)。基礎生物学研究所、米国ロシュ分子生物学研究所、米国国立衛生研究所、国立遺伝学研究所を経て、東京大学定量生命科学研究所教授。前日本遺伝学会会長。現在、生科学学会連合の代表も務める。生命の連続性を支えるゲノムの再生(若返り)機構を解き明かす

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月19日 (火) 00:00
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品