寿命はなぜ決まっているのか 長生き遺伝子のヒミツ 岩波ジュニア新書

小林武彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784005008247
ISBN 10 : 4005008240
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18

内容詳細

いつまでも若く健康で!―アンチエイジング(防化防止)が関心を集めていますが、人はみな、いつかは死にます。では、人はなぜ老いるのでしょう?もしも老化がなかったら?寿命を延ばすことはできるのか?「長生き遺伝子」とは?老化とガンの関係は?細胞老化を第一線で研究する著者が、科学的な観点から解説します。

目次 : 第1章 赤ちゃんも老化している!?(ヒトはどのように死ぬのか?/ 老化しない生物もいる?―細菌と原生生物 ほか)/ 第2章 いのちの回数券はある?(人生はカウントダウン?/ ちょっと復習―細胞分裂とDNAの複製 ほか)/ 第3章 DNA修復という若返り術(メンデルと遺伝子―遺伝子って、何?/ 遺伝子はDNAでできている―大腸菌はえらい! ほか)/ 第4章 長生き遺伝子の解明(「長生き遺伝子」はあるのか?/ 環境も寿命を延ばす ほか)/ 終章 寿命はなぜ決まっているのか(老化がなければ人類絶滅!?寿命が延びると幸せか? ほか)

【著者紹介】
小林武彦 : 1963年、神奈川県生まれ。東京大学分子細胞生物学研究所ゲノム再生研究分野教授。九州大学大学院医学系研究科修了。米国ロッシュ分子生物学研究所および米国国立衛生研究所、基礎生物学研究所、国立遺伝学研究所を経て、現職、専門は、分子遺伝学、ゲノム再生学、分子生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • I.T  さん

    人の寿命に関する分野は、まだ解明されていないところもたくさんあり、これからどうなっていくのか、興味を持ちました。長生きするために、まずは健康な体型を大人になっても維持したいと思います。                                     ※長生きできる健康な体=やせすぎず、太りすぎもせず。中間の体型のこと。

  • 人間万事塞翁が馬 さん

    長寿の世界記録は122歳のフランス人だそうです。ワタクシの年齢の2.5倍です。これからありとあらゆる健康法を実践して150歳を目指し、ギネスに挑戦しようかと思いますが、それでも、いつかは死ぬんだ、と考えることが全然受け入れられません(笑) 進化論的には、コロナに負けず、老化に負けず長生きする方が、『優性』だと思っていましたが、違うんですね。種として、世代を繋ぎ、環境に適応しながら、進化していくことの方が効率的なことで、だから寿命は存在するのですね。うんうん。でも死にたくないなー。

  • たくぞう さん

    早々とP54からわからなくなった。合成できる方向が逆?どゆこと?と。何度読んでもわからない。日を改めて読んでもわからない。そこから先は、なんとなく雰囲気だけ読んだ。

  • HAYASHI Tatsuhiko さん

    妻が読んでいたのを、読了後に借りたのだが、途中の多くはチンプンカンプン。中高生向けの本なのに…(笑)。でも、「寿命はなぜ決まっているのか」というテーマに対する答えは、とても分かりやすく納得。なお、長寿遺伝子の活性化について論じた部分に、食い過ぎのサルは短命に終わるものが多いという米国の研究結果が紹介されている。オレ的には「腹八分目」とか気が狂いそうになるので読まなかったことにしたい。

  • ねこうさぎ さん

    「生きるために死ぬ」という禅問答なような生物としての宿命を、科学的な見地から勉強できた。頭の中で、他の細胞学の本の知識と結合し、より理解が深まった。延命ではなく、ピンピンコロリを科学は目指していくべきなのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品