どっさりのぼく 絵本かがやけ・詩

小池昌代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784251092533
ISBN 10 : 4251092538
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,40p

内容詳細

「花」「ぼく」「どうしてだろうと」「ピアノやめたい」「むちゅう」など、自分自身についてや生きることの意味を問う詩をセレクト。よりすぐりの詩と人気絵本画家の奏でる、好評シリーズ詩の絵本第3弾。

【著者紹介】
小池昌代 : 東京都生まれ。詩人。詩集に『もっとも官能的な部屋』(高見順賞・書肆山田)、短編集に『タタド』(題名作品で川端康成文学賞・新潮社)などがある

太田大八 : 長崎県出身。絵本作家。小学館絵画賞、講談社出版文化賞絵本賞、国際アンデルセン賞大賞次席など、数々の賞を受賞。絵本に、『絵本西遊記』(サンケイ児童出版文化賞美術賞・童心社)『だいちゃんとうみ』(絵本にっぽん賞・福音館書店)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ツキノ さん

    2007年11月発行。詩人の小池昌代さんが選んだ「絵本かがやけ詩」シリーズの「いきることば」。絵はすべて太田大八さんによるもの。抽象画もあれば、明るい絵もある。まど・みちおさんの「どっさりのぼく」が収録されている。巻末に「小池雅代さんの手紙」と題した感想文的なものがある。「解説」としなかったのがいいと思った。

  • 遠い日 さん

    子どもにも読める詩の絵本だが、その世界はきりりとして、背筋の伸びたもの。ことばは美しく光る。詩に自分が照り返される。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    小池昌代さん編集の詩集。『花 工藤直子』『ぼく 秋原秀夫』『どうしてだろうと まど・みちお』『ピアノやめたい 糸井重里』『むちゅう 稲井剛史』『木はえらい ロジャー・マッガウ(谷川俊太郎/訳)』『つもった雪 金子みすゞ』『パン ジャンニ・ロダーリ(安藤美紀夫/訳)』『け 八木幹夫』『いる 谷川俊太郎』『こうしていよう さくらももこ』『どっさりのぼく 小林純一』『遊び 岸田衿子』『道が一本ありました 江國香織』『朝のパン 石垣りん』『青い炎のように 塔和子』『美しくあるく 八木重吉』『準備 高階杞一』→

  • かっぺ(こと悩める母山羊) さん

    ☆3歳。詩集を最後まで見て聴いていたことに驚いた。 「むちゅう」という詩の絵が怖いと言い、「け」には笑っていた。 毛が生えたら大人になるんぞ!知っとんのか。 糸井重里「ピアノやめたい」に親に言い出せない子どもだった自分を重ねて、八木重吉「美しくあるく」に親の気持ちを重ねた。 詩を声にだして朗読するのって気持ちが言葉に乗っていく感じがして楽しかった。 子どもがこの手の本を今後も聞いてくれると言いけど。

  • 憩子 さん

    詩の絵本。「むちゅう」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小池昌代

詩人、小説家。昭和34年(1959)、東京深川生まれ。津田塾大学卒。詩集に『永遠に来ないバス』(現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『ババ、バサラ、サラバ』(小野十三郎賞)、『コルカタ』(萩原朔太郎賞)等。小説集に『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、『たまもの』(泉鏡花賞)等。エ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品